1. Home
  2. EAT
  3. 和食の基本、シンプルな一汁一菜が体にちょうどいい理由

和食の基本、シンプルな一汁一菜が体にちょうどいい理由

1,516

力武亜矢

和食の基本、シンプルな一汁一菜が体にちょうどいい理由

暑さやハードな仕事で体が疲れたとき、「こんなときこそスタミナがつく食事をしなきゃ」と思うのですが、不思議と食べる気力がおきず、質素な食事ですませてしまいます。でもこれは、体の正直な気持ちのようです。

食事だって体力勝負

よく考えれば、食事をするにも体力は使います。先日、食品カロリーと運動消費カロリーの比較表を見て「1時間走ってもポテトサラダひと皿ぶん程度しかカロリー消費しないの?」と驚いたのを思い出しました。それほど、食べものを消化するにはエネルギーが必要だということです。

そこで、疲れたときには、あえてシンプルに一汁一菜にしてみることにしました。一汁一菜生活の参考にしたのは、食品メーカー「ハナマルキ」さんのサイトにある「一汁一菜学校」。

まずは「一汁一菜」の意味をおさらい

一汁一菜 (いちじゅういっさい) とは、日本の献立のひとつ。「汁」はみそ汁、「菜」はおかずのことで、それに主食のごはん、お漬物からなります。「一菜」とあるように、おかずが一品だけの「質素な食事」のたとえでしたが、近ごろは「バランスのよい食事」として見なおされています。

ハナマルキ「一汁一菜学校」より引用)

一汁一菜の食事には、「ご飯」がつきものです。食事のことを「ごはん」と言うほど、本来は日本人にとって大切な食べ物でした。一菜にあたる「おかず」は、漢字で書くと「御数」。主食のごはんに合わせ、数々とりそろえるという意味です。一汁をさす「みそ汁」は、日本の食卓に欠かせない健康食。江戸時代には「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」ということわざまであったそうです。

一汁一菜でも栄養はじゅうぶん足りる

炭水化物は、私たちが活動するための大切なエネルギー源。標準的な女性であれば、一日に約250~350gの炭水化物を摂取するのが理想的です。

ハナマルキ「一汁一菜学校」より引用)

体内でつくられないビタミンは、いろいろな種類の野菜をバランスよくいただけば、全13種類のビタミンのほとんどを摂取することができます。そして、タンパク質は、みそ汁のみそから摂取できます。みその主原料は大豆。大豆は「畑の肉」といわれるほど、タンパク質を豊富に含んでいます。

みそには必須アミノ酸9種が全て含まれており、米(ご飯)と組み合わせることにより必須アミノ酸の確保が、より理想的になります。その他にも、みそにはさまざまな栄養素が含まれていて、一つの食品でこれほど多くの栄養を含むものは他にありません。

ハナマルキ「一汁一菜学校」より引用)

みそ汁1杯で塩分摂り過ぎにはならない

気になる塩分については、

みそ汁一杯に含まれる塩分は約1.2gで、一品の料理の食塩量としては少ないほうです。一回の食事にみそ汁一杯なら、理想とされる塩分摂取量(1日当たり目標値 男性8g 女性7g)を、みそ汁のためにオーバーしてしまう心配はありません。

ハナマルキ「一汁一菜学校」より引用)

とのこと。つまり、野菜を中心とした一汁一菜でも、じゅうぶん必要な栄養はとれるのです。

忙しい毎日に豪華な食事をつくるのは大変だけど、一汁一菜生活なら無理をせずに実践できそう。体はほかのことにエネルギーを使えるようになるわけですし、疲れたときだけでなく、日常的にしばらく続けてみようと思います。

ハナマルキ 一汁一菜学校

photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた