1. Home
  2. EAT
  3. シチリアの夏を感じる、いちじくのグラニータ【南イタリア美人レシピ】

シチリアの夏を感じる、いちじくのグラニータ【南イタリア美人レシピ】

マッツィテッリ福子

シチリアの夏を感じる、いちじくのグラニータ【南イタリア美人レシピ】

右から・ピスタチオ・アーモンド・カッフェ(エスプレッソコーヒー)のグラニータ、ホイップクリーム添え

ジェラート発祥の地とも言われるシチリアで、夏にこぞって食べられるもうひとつの冷菓が「グラニータ」です。

暑い地域ではジェラートよりもグラニータ

グラニータとは、フルーツやナッツを液状にし、機械でかき混ぜながら凍らせたもので、日本でいう「フローズン」のような氷のシャリシャリ感と冷たいのどごしが魅力。暑さが厳しいシチリア周辺では、ミルキーなジェラートよりも、キーンと凍ってあっさりしたグラニータの方がおいしく感じられるというわけです。

20160830_ichiziku1.jpg

右から・ピスタチオ・アーモンド・カッフェ(エスプレッソコーヒー)のグラニータ、ホイップクリーム添え

バールやジェラテリーアでグラニータを注文すると必ず「ホイップクリームとブリオッシュもつける? 」と聞かれます。多くの客が両方とも頼んで、ブリオッシュではさんだり、あるいはグラニータに浸しながら食べています。シチリアではこれを朝食や昼食がわりにするひとも多く、食べごたえがある方がいいのでしょうが、もちろんグラニータだけを注文してもOKです。

フルーツだけを凍らせるからとっても健康的

20160830_ichiziku3.jpg

クワの実のグラニータ

カッフェやナッツ系は仕方ないとしても、フルーツ系のグラニータには砂糖もなにも加えないというお店が多く、旬の果実そのままの風味を楽しめるのもいいところ。いちじく、クワの実、スイカなど完熟した果実はそれだけで十分に甘く、ビタミンたっぷりでとってもヘルシーです。

とくにいちじくは「不老長寿の果実」とも呼ばれるほど栄養価が高く、ビタミン・ミネラルのほか、整腸作用のあるペクチン、抗酸化作用のあるポリフェノールなどを含み、美容のためにも積極的に摂りたいフルーツ。いちじくのグラニータはエオリエ諸島の名物でもあります。ペクチンのおかげでとろりとした食感は官能的でさえあります。

20160830_ichiziku4.jpg

庭で採れるイチジクは緑色(白)と濃い紫色の品種で、甘みが強い。

お店では専用の機械が使われますが、家庭でもいくつかの方法で再現ができます。今回はもっともオーソドックスなやり方でつくってみました。何度かかき混ぜる手間はかかるものの、一番お店の味に近く仕上がると思います。ちょっと面倒だという方は、あらかじめ切って凍らせたフルーツをミキサーにかけるか、最近普及しているフローズンメイカーやヨナナスなどをうまく利用するともっとラクにできます。

いちじくのグラニータ(5~6人分)

【材料】

完熟のいちじく 皮をむいて500~600g

水 80ml

レモン汁 小さじ1

【作り方】

1. いちじくは皮をむいてから500gを計量し、1/2に切る。

2. ミキサーに1、水、レモン汁を入れ、なめらかな液状になるまで撹拌する。水の分量を多めにするとよりシャリシャリの食感に、すくなめにするととろりとなめらかになります。お好みによって、ここで砂糖などをすこし加えてもよい。

3. 材料の2倍くらい容量のある大きめの器に、2を流し込んでラップをして冷凍庫へ。

20160830_ichiziku5.jpg

4. 冷凍庫のパワーにもよりますが、4~6時間冷やすとそのまま固まってしまいます。グラニータにするには、それまでの間に2~4回冷凍庫から取り出して泡だて器でかき混ぜます。こうして材料に空気を含ませることで、カチカチに固まらずにグラニータ特有の質感に仕上がるのです。こうして様子を見ながら冷やしていって「フローズン」の状態になったらできあがり!

そのあとさらに冷やしてしまって固まったら、室温に置いてすこし溶かしてかき混ぜれば復活しますよ。

<<その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

トマト果汁でお米を炊き上げる夏のリピエーノ

優秀な緑黄色野菜、パプリカのクリームパスタ

ナスまるまる、チーズとろーりのポルペッテ

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技