1. Home
  2. MIND
  3. 人が気になるのは自然なこと、比べ方を変えてみよう【ごきげんな私を作る】

人が気になるのは自然なこと、比べ方を変えてみよう【ごきげんな私を作る】

二村桜子

人が気になるのは自然なこと、比べ方を変えてみよう【ごきげんな私を作る】

人と自分を比べて落ち込んでしまうとき、さらに自分の気持ちを重くさせてしまうのが、ジェラシーやうらやむ気持ちです。誰か特定の人物をうらやましく思う気持ちもあれば、自分よりもうまくいっているように見える人たちにジェラシーを感じて、苦しくなってしまうというケースもあります。

人と自分を比べてしまう理由は様々ですが、わたしたちは皆、「社会」という活動の場を共有している人間同士。ほかの人の状態が気になるのはとても自然なことだと思います。そして、日本人であるわたしたちは、他の民族よりも「調和」を重んじる文化の中で暮らしています。周りを観察する意識を持つことは、調和を保つためのスキルでもありますよね。

人と自分を比べるのは自然なこと、それが悪いわけではありません。でもそのせいで、ときに苦しい思いをしているのであれば、その比べ方を見直してみるといいかなと思います。たとえば、

他人と自分を比べて羨ましく感じる

→ じつは、ポジティブな向上心がそうさせていることに気づく

「うらやましい」という気持ちはネガティブに捉えられるケースが多いかと思うのですが、じつはこれ、裏を返すと「自分をアップグレードしたい」というポジティブな気持ちがもとになっています。「その人のどんなところがうらやましいですか?」「なぜその人が輝いているように見えるのでしょうか?」こんな質問を問いかけていくと、自分が何を求めていて、どの部分を変えていきたいのかが分かっていきます。うらやましい気持ちやジェラシーは、自分の求めている未来を知るための貴重な情報源。重たい感情の向こうには、自分向上のヒントが隠れているのです。

他人がうまくいっているように見える

→ その人の人生のハイライトだけを見ている場合があることに気づく

どんなにうまくいっているように見える人でも、その人なりの人生のアップダウンが必ずあるはず。誰かがうらやましく思えるとき、その人の人生の素敵な部分だけに目を向けて、勝手な全体像をイメージしていることがあります。ソーシャルメディアを通して他人の人生の切れ端を見ることが日常的になっている現代社会に起こりがちなことです。でも、「誰にでも人生の波があること」を思い出すことで、うらやましい気持ちを、もっと柔らかいものに変換していくことができます。

周りの人はみんなちゃんとできてるし、すごい

→ みんなって一体だあれ?

この「みんな」が誰か特定の人物ではなく、自分がなんとなく思う「ちゃんとしていて、うまくいっていそうな人たち」なのだとしたら、それはある意味自分の空想が作り上げた架空の人たちです。空想上の「うまくいっている人たち」と自分を比べて落ち込んでしまうなんて、もったいない! 感情とエネルギーの使いをしていませんか?「みんな」の定義について考えて直してみると、自分へのダメ出しをやめて、新たなものが見えてくるかも。

こんな風に、視点を少し変えて自分を見つめてみることで、人と自分を比べて落ち込むことを減らしていくことができます。もちろん、考え方のクセを変えるのは容易ではないですし、トレーニングも必要です。でも、自分の決断一つで、新しい考え方を身につける一歩を踏み出すこともできます。いつもとはちょっと違う考え方。ふと立ち止まって思いを巡らせてみるだけでも、効果があるかもしれません。

あわせて読みたい

自分自身と1日デートしてみよう【新連載・ごきげんな私を作る】

24時間不満を言わない日を試してみたら

心の声に耳を澄ます、ひとり旅にでよう

ちょっとのことでは自信を失わない、強い心をつくるには

Photo by PIXTA

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら