1. Home
  2. STYLE
  3. 秋へスイッチ。深い色のアイテムで新鮮さをプラスする【おしゃれのおさらい】

秋へスイッチ。深い色のアイテムで新鮮さをプラスする【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

秋へスイッチ。深い色のアイテムで新鮮さをプラスする【おしゃれのおさらい】

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

8月も半分を過ぎました。お店に並ぶ商品も、SALE価格のものより、新作アイテムの比率がどんどん高くなっていっています。この時期に出てくる新しいアイテムは、秋につながっていく、深めの色のものも多く、夏服に飽き始めているこのタイミング、その新鮮さに目が行きますよね。ボルドーマスタード、カーキ、キャメル。引き続き出ている人気の色たちもやはり深め。しっとり感が増しています。

秋っぽさを取り入れるならトップスから

夏服やコーディネートに飽きはじめているこの時期に、深めの色を取り入れるとしたら、おすすめはトップス。顔周りにくるトップスの色を深くすることで、わかりやすく新鮮さ(秋っぽさ)がプラスされ、さらにはそのしっとりした色目により、女性らしさも感じさせられます。

柔らかな印象の大人スタイルを作るなら

コーディネートの中に深い色は1点。合わせるボトムスには、白やベージュ、ライトグレー、ライトブルーなど、軽やかな色のものを選んでみてください。

たとえば、

黒のニット × ライトブルーのスカート

カーキブラウンのブラウス × アイボリーのガウチョパンツ など

足元はサンダルやセパレートタイプのパンプスを選び、素肌を見せ軽やかにまとめましょう。

クールでカッコよくしたいなら

ワンピースやセットアップを選び、深い色の面積を多くすると、クールな印象になります。中途半端にならないよう、とことんカッコよくすることを意識してみましょう。

アクセサリーは、エスニックテイストのカラフルなものや、ゴールドの太めのチェーンのものなど、インパクトのあるものをチョイス。太めのベルトをプラスするのもいいですね。ただし、こちらも印象が重くなり過ぎないよう、バッグやサンダル、帽子などで、明るめの色や軽やかな素材のものをプラスすることもお忘れなく。

涼し気な雰囲気、軽やかさを忘れずに

まだ暑い季節に違和感なく深い色を取り入れるには、あくまでも涼し気な雰囲気をキープすることが大切です。

たとえば、

長めの袖のトップス × 足元はサンダル

フルレングスのワイドパンツ × トップスはフレンチスリーブ など

必ずどこかで夏らしいアイテムを使い、軽やかさをプラス。肌を露出させ、上手にバランスを取ってくださいね。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#13 旅行先でのおしゃれどうする? 何を持っていく?

#12 さりげなく色っぽさをプラスする夏服の着こなし方

#11 体型に合うヒール靴とフラットシューズの選び方

#10 メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす

#9 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験