1. Home
  2. STYLE
  3. センスいいねって褒められたい。こだわりの扇子たち

センスいいねって褒められたい。こだわりの扇子たち

知恵子

センスいいねって褒められたい。こだわりの扇子たち

浴衣を着たり暑さをしのいだりと、扇子の出番が多くなるこの時期。持つ人のセンスがはっきりと伝わるアイテムだからこそ、こだわりたいものです。

そこでテイストの異なる扇子を4点、machi-ya(マチヤ)よりピックアップしてみました

元気に気持ちよく

20160801_machiya2.jpg

2色使いの扇子byCOLOR 3,000円(税抜)

ポップなカラーが目を引く、2色使いの扇子byCOLOR。手に持つだけで華やかになりますね。シンプルでユニセックスなデザインの扇子は、年齢・性別問わずに楽しめる一面なので、たいせつな人とお揃いにしても素敵です。

親骨についたオリジナルのメタルロゴプレートや、大ぶりのタッセルでかっこよさとかわいさも兼ねそろえた扇子。ビタミンカラーが元気をくれる、夏の疲れも吹き飛びそうな一面です。

>>「2色使いの扇子byCOLOR」を購入する

はんなりとやさしげに

20160801_machiya1.jpg

「近江ちぢみ」のふわり扇子6,200円(税抜)

明治の頃から改良を重ねてきたという、麻でできた 「近江ちぢみ」の扇子です。糸の撚り具合によって、織物の表面に表れたしわのような凹凸がやわらかい雰囲気を醸し出しています。

お色はしろ(白)・あまいろ(天色)・なつむしいろ(夏虫色)・そばきり(蕎麦切)・あさいろ(麻色)の5色展開。どれもはんなりやさしい、控えめな美しさが引き立つ涼しげなお色です。

丸みを帯びたシェル型の扇子は、数少ない日本の布扇子職人の巧みな技がうかがえる一面です。

>>「近江ちぢみのふわり扇子」を購入する

かわいくなごやかに

20160801_machiya3.jpg

閉じても可愛い、こけし顔の扇子 5,500円(税抜)

開いたときだけでなく、閉じたシーンにも気づかって作られたのが、こちらの扇子。なんと親骨が「こけし」になっています。

その表情はなんとも言えないかわいらしさで、仕事の合間にちらっとみると、にっこりなごませてくれそう。扇子袋からちょこっと顔を覗かせて持ち歩きたくなります。

開くとあらわれるドット柄がファッションのアクセントになるところもポイント。なごむだけでなく使い勝手もよさそうな一面です。

>>「閉じても可愛い、こけし顔の扇子」を購入する

キュートで粋に

20160801_machiya4.jpg

雲の上にそびえる、富士の扇子 5,500円(税抜)

こちらも同じく開くとドット柄で、閉じたときの見え方にも気づかった扇子です。こちらはこけしではなく、雲のうえにそびえる富士山がついています。扇面に富士山が描かれている扇子はたくさん見かけますが、こうして親骨に富士山がデザインされたものをみるのははじめて。雲までついているところにセンスを感じます。

スタイリッシュなのに普段使いもしやすく、外国の方へのプレゼントにも喜ばれそうな一面です。

>>「雲の上にそびえる、富士の扇子」を購入する

ちなみに扇子の開き方として、片手で持った扇子を勢いよく降り、バッと開くと粋にみえますが、傷んでしまうので控えた方が良いようです。降り開けなくても、親指と人差し指でねじるように扇子を開けば同じように一瞬でかっこよく開けます。

また女性らしくしっとりモードのときは、上品に左手を扇子にそえて、右手で右側へゆっくりと開きます。手の甲を相手にみせるように持って、顔の下でやさしく扇ぐとよりしとやかですね。

持つだけで粋な女性になれそうな扇子を日常に取り入れて、楽しく夏を過ごしたいものです。

machi-ya(マチヤ)

machi-yaへ出店を希望する方、ご興味のある方もお待ちしております

あわせて読みたい

上品でしなやか。夏のおしゃれを引き立てるファッション小物

外国人へのギフトにも。和を感じる涼しげアイテムたち

外国人へのギフトにも。和を感じる涼しげアイテムたち

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!