1. Home
  2. MIND
  3. 自分自身と1日デートしてみよう【新連載・ごきげんな私を作る】

自分自身と1日デートしてみよう【新連載・ごきげんな私を作る】

1,359

二村桜子

自分自身と1日デートしてみよう【新連載・ごきげんな私を作る】

最近なんだか頭が休まらない。考え事が次から次へと頭に浮かんできてせわしない。表面上はきちんと機能しているつもり。でも一方では、うっかりミスが増えたり、忘れ物が多くなったり、なんとなくバランスが崩れてきているのが分かります。

つい先日、まさにそんな状態の自分に気がつきました。 このままだといずれにイライラ・モヤモヤが始まってしまう......なんとかしなければ。そんなとき、思いついたのが「自分を外へ連れ出すこと」です。

心理学では、客観性を持って自分の置かれている状況を理解するために、しばしば自分自身を第三人称(彼・彼女)として捉える見方をします。思考のスパイラルにはまっている彼女(自分)を頭の外へ連れ出して、五感を使ったデートに出かけよう。さっそく時間を作り、まずは彼女の大好きな美術館へと出かけることにしました。

思考のスパイラルから抜け出してみる

わたしたち人間は考える生き物。考え、試行錯誤しながら進化し続ける知的生命体です。そして人間の持つさらに優れた能力は、インスピレーションを生み出す直観力です。素晴らしい発明や人生のブレークスルーは、直観力によってもたらされると言われています。かのアインシュタインも、「直観力は理性よりも神聖な資質である」と唱えています。でも、頭の中が考え事でいっぱいになっているとき、わたしたちは自分にとって何がベストなのかを見つけ出すことが困難になります。なぜなら、直観力は思考のスパイラルにはまっているときには鈍くなってしまうからです。

五感とつながると直感が冴えてくる

20160804_happy_1.jpg頭の中が考え事でいっぱいになっているとき、そのスパイラルを抜けるために、まず有効なのが「五感を働かせる活動をすること」

自分とのデートと題して、美術館へと連れ出された彼女。「こんな時間があったらあれもこれもできたのに!」最初はちょっとご機嫌斜め。でも一方で、少しワクワクもしているようです。アートと対話する、こんな静かな時間は久しぶり。誰かのペースに合わせたり、次にするべきことを心配する必要もありません。難解なモダンアートや、美しい色使いの絵画を鑑賞しながら、理屈では片付けられない部分が刺激されていきます。美術館独特の香りや、館内に響く人々の足音やささやき声も、彼女の五感を刺激しているようです。

すっかりアートを堪能して、休憩したくなりました。でも美術館のカフェは混んでいて、あまり気が向きません。「雑誌で見たコールドプレスジュース屋さんへ行ってみたいな」急にひらめいて携帯で調べてみると、偶然にも美術館から歩ける距離。「なんだか勘が冴えてきたかも」心が弾んでいるのが分かります。

そしてデートの効果は......

20160804_happy_2.jpg五感が活性化され、視界まで明るくなってきたように感じている彼女。ジュース屋さんへ向かって気持ちよく歩いている途中、偶然にも素敵なお店を発見しました。心がときめきます。緑がきれいな小さな公園も見つけたので、ジュースを買った後、そこで休憩することにしました。直感に導かれるままに、スムーズにデートが進んでいきます。

木陰のベンチに座り、おいしいジュースとともに過ごす穏やかな時間。たった数時間のデートで、彼女は見違えるようにイキイキとしてきました。「またしばらく頑張れそう!」そんな気持ちが内側から湧いてくるのを感じて、デートは大成功。モヤモヤしていた心も、霧が晴れたようにスッキリとしているのを感じることができました。

心に目を向けてあげることの大切さ

わたしたちにとって、思考を走らせるのはごく自然なこと。同時に3、4つのことを考えるのも普通です。思考は低燃費で走り続けることができますが、 心はどちらかというとハイメンテナンスマメな栄養補給を必要とするので、思考の速いペースについていけずにおいてけぼりになってしまうことも。

忙しい現代人は思考に身を任せて、体力の続く限り走り続けようとしてしまいがちですが、頭の中が考え事でいっぱいになっているときは、まさに心がついていけていないサインです。そんなときは立ち止まってチェックしてみる。すると新たに見えてくることもあります。

自分とのデートは、心に栄養を与えることの大切さにあらためて気づく、貴重な体験でした。次回は自然の中へハイキングに連れ出そうかなと思っています。

あわせて読みたい

24時間不満を言わない日を試してみたら

心の声に耳を澄ます、ひとり旅にでよう

ちょっとのことでは自信を失わない、強い心をつくるには

Photo by PIXTA

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention