1. Home
  2. MIND
  3. 優しすぎるとなぜ損をするの?

優しすぎるとなぜ損をするの?

30代からのやさしい愛のはじめ方

3,825

斎藤芳乃

優しすぎるとなぜ損をするの?

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

日々、たくさんのクライアントの方々と接しているのですが、共通しているのが「人間関係の悩み」です。ほとんどの方の悩みといってもいいかもしれません。

今回は、その人間関係の悩みの中でも「犠牲になってしまって苦しい」「いつもなんだかんだ損をしてしまう」という女性について、その背景と、犠牲的状況を改善していくための3つの方法をお伝えしていきたいと思います。

じつは、こうした犠牲は、自分に落ち度があるからではなく、むしろ自分の優れた資質が引き起こしていることがあるんですね。

嫌なことをハッキリ自覚する

犠牲になる・損をするひとに共通する特徴が、「優しすぎる」ということです。本来、優しいことはたいへん素晴らしい資質です。でも、優しいからこそ、つらい人の気持ちが分かりすぎてしまい、「苦しいときもあるよね」と、先回りして相手に無意識に肩入れしてしまうんですね。

すると、相手が多少嫌な態度をとったとしても、「でも仕方ないよね、相手もつらいんだし」と必要以上に許容してしまうことがあります。

こうした場合は、「優しい、相手に同情する」という気持ちとは別に、「自分にも嫌なことはある」とハッキリと自覚することが大切です。自分の嫌だと感じることは、しっかりと伝えたり、拒否したりするようにしましょう。

自分の能力を磨くためにエネルギーを使う

次に挙げるのが、「能力の高さ」です。じつは、能力が高いと、周囲のひとよりたくさんの高い質の仕事ができるため、「できないひとの分」まで回ってきがちです。できないひとがいたときの代わりを、誰かが負担することになる場合、やはり「できるひと」「真面目なひと」が選ばれます。

こうした場合は、自分の能力を他人の仕事を背負うことに費やすのではなく、「自分の仕事をさらに伸ばす」「さらに自分の能力を磨くために時間とエネルギーを使う」などに置き換えてみましょう

自分自身をどう活かすのかをしっかりと決め、他人がやるべきことまで背負わなくなると、それだけで自分の人生を充実させることができます。

また、真面目に仕事をしているひとの手助けはするけれど、自分の目から見てそうではないひととは境界線を引くなど、しっかりと相手を選り分ける意識も持ちましょう。

自分にも愛が必要だということに気づく

他にも、会社やコミュニティの足りないところや他人の痛みなどを、見抜いたり気づいたりできる資質を持っているために、「私しか気づいてないから、私がやらなければ」と気づかないひとよりも積極的に対処してしまう、ということも犠牲的になりがちな原因の一つです。このケースについては、「ひとにはできることばかりでなく、できないこともある」ということを確認してあげることが大切です。

ひとに頼りたくなることや、ときには全部投げ出して自由になりたいと思うわがままさも当然あってよいものです。その上で、自分ががんばっているのと同じだけ、しっかりと自分を労り満たす習慣づけをしてみましょう

家族のためにがんばり続けているひとなら、ときには一人になって、自分のためだけに時間を使ってあげる。休日は自分のためにホテルに泊まってエステなどでのんびり過ごす等、積極的に愛を与えてあげます。

こうした習慣をつけることで、自分の限界や許容について感覚的にも理解できるようになっていきます。

犠牲と一言で言っても、まさかそれが自分の資質が原因になっているとは思いもしませんよね。けれど、こうしてひとつひとつ自分の才能を認めてあげることができれば、犠牲になっていたパターンを変えることができます

あなたの素晴らしい才能を、人生の可能性を広げる方に使ってあげてくださいね。

>>過去の「30代からのやさしい愛のはじめ方」を読む

top-image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?