1. Home
  2. STYLE
  3. ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

14,561

ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

カジュアル派だけでなく、きれいめ派のスタイルにも、もはや定番アイテムとなりつつあるスニーカー。

でも、いざ買ってみたり試着してみたら、こんなことはありませんか?

「抜け感を出したくて白のスニーカーを買ったら、足がぽってり大きく見える」

「細身ですっきり見えると思ってキャンバススニーカーを買ったら、きれいめコーデに合わない」

実はそれ、スニーカーの「選び方」で解消できるんです。

きれいめコーデに合わせて、すっきり美脚に履きこなしたいなら、レトロなランニング系シューズが狙い目。

70~80年代に登場したランニングシューズは、足にフィットするよう細身にできている上、シンプルシックなデザインが多く、意外なほどスタイルを選びません。

入門編にもおすすめのクラシックスニーカー

72年に誕生したナイキのランニングシューズ「コルテッツ」。生誕40周年を記念して初代モデル等が復刻し、再注目を浴びているシリーズです。

甲が細身のシルエットで足元をすっきり見せてくれ、細くても足に窮屈感はなくフィット感抜群。

先日、とある仕事現場でお会いした、パンツスーツの女性の足元を良く見たらコルテッツ。どんなスタイルにもマッチする、活躍度の高いスニーカーです。

ロゴが同色なら、よりシックなスタイルに

80年代にナイキのランニングシューズの最高峰とうたわれた名作の復刻版。

こちらも細身のシルエットで、ロゴとベースの色が同色など、シックな配色のアイテムも豊富。

グレーやブラック一色のシューズなら、モノトーンのワイドパンツスタイルなど、シック&モードなコーディネートに差してもバランスよくキマります。

人気のニューバランス、細見えで選ぶなら「996」

昨今のスニーカーブームをけん引するニューバランス。履き心地のよさでも人気ですが、足が丸く見えるという声も。

そこで、チェックしたいのがシューズに記載されている型版。

もっとも目にする機会の多い500番台はやや丸みのあるデザインなので、細見えを狙うなら、つま先が細身の990番台をチョイス。

なかでもシンプルなデザインの「996」が、きれいめスタイルにも合わせやすくおすすめです。

価格が高めな分、包み込むような着用感と抜群の履き心地がクセになります。

スマートな横顔が、モードスタイルにマッチ

70〜90年代のランニングシーンをリードしたBROOKSのマスターピースを復刻したレトロランニングコレクション「HERITAGE(ヘリテージ)」。

74年に発表されたブルックスの「ヴァンガード」は、つま先に向かってシュッと細身になる高さを抑えたフォルムがクール。

スティックパンツやタイトスカートと合わせても、重くならないスマートなスニーカーです。

コーデのアクセントにもなる、ベーシックな一足

こちらもブルックスの人気シューズ、「HERITAGE(ヘリテージ)」シリーズの「チャリオット」

「ヴァンガード」より上下に厚みがあり、ベーシックに履きこなせるシンプルなデザインながら、コーデのアクセントになる存在感もあります。

80年代のランナーに最も多く履かれたランニングシューズのひとつとあって、高いクッション性など機能性もお墨つき。

この夏は、ファッション性と機能性を両立したレトロランニングシューズで、行動範囲を一歩も二歩も広げてみませんか?

(マイロハス編集部)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析