1. Home
  2. STYLE
  3. ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

4,299

ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

カジュアル派だけでなく、きれいめ派のスタイルにも、もはや定番アイテムとなりつつあるスニーカー。

でも、いざ買ってみたり試着してみたら、こんなことはありませんか?

「抜け感を出したくて白のスニーカーを買ったら、足がぽってり大きく見える」

「細身ですっきり見えると思ってキャンバススニーカーを買ったら、きれいめコーデに合わない」

実はそれ、スニーカーの「選び方」で解消できるんです。

きれいめコーデに合わせて、すっきり美脚に履きこなしたいなら、レトロなランニング系シューズが狙い目。

70~80年代に登場したランニングシューズは、足にフィットするよう細身にできている上、シンプルシックなデザインが多く、意外なほどスタイルを選びません。

入門編にもおすすめのクラシックスニーカー

72年に誕生したナイキのランニングシューズ「コルテッツ」。生誕40周年を記念して初代モデル等が復刻し、再注目を浴びているシリーズです。

甲が細身のシルエットで足元をすっきり見せてくれ、細くても足に窮屈感はなくフィット感抜群。

先日、とある仕事現場でお会いした、パンツスーツの女性の足元を良く見たらコルテッツ。どんなスタイルにもマッチする、活躍度の高いスニーカーです。

ロゴが同色なら、よりシックなスタイルに

80年代にナイキのランニングシューズの最高峰とうたわれた名作の復刻版。

こちらも細身のシルエットで、ロゴとベースの色が同色など、シックな配色のアイテムも豊富。

グレーやブラック一色のシューズなら、モノトーンのワイドパンツスタイルなど、シック&モードなコーディネートに差してもバランスよくキマります。

人気のニューバランス、細見えで選ぶなら「996」

昨今のスニーカーブームをけん引するニューバランス。履き心地のよさでも人気ですが、足が丸く見えるという声も。

そこで、チェックしたいのがシューズに記載されている型版。

もっとも目にする機会の多い500番台はやや丸みのあるデザインなので、細見えを狙うなら、つま先が細身の990番台をチョイス。

なかでもシンプルなデザインの「996」が、きれいめスタイルにも合わせやすくおすすめです。

価格が高めな分、包み込むような着用感と抜群の履き心地がクセになります。

スマートな横顔が、モードスタイルにマッチ

70〜90年代のランニングシーンをリードしたBROOKSのマスターピースを復刻したレトロランニングコレクション「HERITAGE(ヘリテージ)」。

74年に発表されたブルックスの「ヴァンガード」は、つま先に向かってシュッと細身になる高さを抑えたフォルムがクール。

スティックパンツやタイトスカートと合わせても、重くならないスマートなスニーカーです。

コーデのアクセントにもなる、ベーシックな一足

こちらもブルックスの人気シューズ、「HERITAGE(ヘリテージ)」シリーズの「チャリオット」

「ヴァンガード」より上下に厚みがあり、ベーシックに履きこなせるシンプルなデザインながら、コーデのアクセントになる存在感もあります。

80年代のランナーに最も多く履かれたランニングシューズのひとつとあって、高いクッション性など機能性もお墨つき。

この夏は、ファッション性と機能性を両立したレトロランニングシューズで、行動範囲を一歩も二歩も広げてみませんか?

(マイロハス編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    5. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. ダイエット&冷え対策! もち麦入り、具だくさんの食べるスープの作り方

    8. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    3. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    4. エリザベス女王の食習慣。健康でご長寿なのは、ヘルシーな食事のおかげ?

    5. 7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

    6. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    9. 【7月の新月】自分を知るための特別なタイミング

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    7. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    8. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    9. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    10. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    ぽってり足にならない「細見えスニーカー」5選

    FBからも最新情報をお届けします。