1. Home
  2. STYLE
  3. 元気をくれるビタミンカラー。「黄色」に思わずハッとする

元気をくれるビタミンカラー。「黄色」に思わずハッとする

元気をくれるビタミンカラー。「黄色」に思わずハッとする

02_市内を走るバスの中から交差点を撮りました。台湾のタクシーは基本黄色です。

最近、お財布を新調したのですが、何色かある中でパッと目を引いた黄色を選びました。黄色(きいろ)は金色(きんいろ)にも通じるとしたら、金運がアップするのでは......とひそかに期待しています。

20160720_yellow2.jpg
02_市内を走るバスの中から交差点を撮りました。台湾のタクシーは基本黄色です。

実際に見ると、昼間見える太陽の色はほぼ白に近い黄色なのですが、幼児期にクレヨンで描いた太陽はなぜか赤色だったと記憶しています。

20160720_yellow3.jpg
03_台湾鉄道の駅にあるお土産売り場で。「便當(べんとう)」を買って店内で食べることもできます。

太陽を直接見ることはできないですから、眩しい光を遮ろうとしてかざした手のひらから連想した赤だったのかもしれません。

20160720_yellow4.jpg
04_臨江街夜市の帰り道で見つけたジュース屋さん、生搾りの果肉まで美味しそう。

太陽の陽射しと、適度に降る雨とでぐんぐん夏野菜が育つ季節。夏の青果からビタミン補給をして、熱い夏を乗り切りましょう。

あわせて読みたい

やさしさをくれる色。「緑」に心奪われる

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)

甲田智恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン