最近、お財布を新調したのですが、何色かある中でパッと目を引いた黄色を選びました。黄色(きいろ)は金色(きんいろ)にも通じるとしたら、金運がアップするのでは......とひそかに期待しています。

20160720_yellow2.jpg
02_市内を走るバスの中から交差点を撮りました。台湾のタクシーは基本黄色です。

実際に見ると、昼間見える太陽の色はほぼ白に近い黄色なのですが、幼児期にクレヨンで描いた太陽はなぜか赤色だったと記憶しています。

20160720_yellow3.jpg
03_台湾鉄道の駅にあるお土産売り場で。「便當(べんとう)」を買って店内で食べることもできます。

太陽を直接見ることはできないですから、眩しい光を遮ろうとしてかざした手のひらから連想した赤だったのかもしれません。

20160720_yellow4.jpg
04_臨江街夜市の帰り道で見つけたジュース屋さん、生搾りの果肉まで美味しそう。

太陽の陽射しと、適度に降る雨とでぐんぐん夏野菜が育つ季節。夏の青果からビタミン補給をして、熱い夏を乗り切りましょう。

あわせて読みたい

やさしさをくれる色。「緑」に心奪われる

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)