1. Home
  2. STYLE
  3. 心の栄養補給になる。橙色に惹かれる理由

心の栄養補給になる。橙色に惹かれる理由

甲田智恵

心の栄養補給になる。橙色に惹かれる理由

02_台北松山空港のレストラン。ぼんぼりの色と鶏ガラを茹でた香りにつられてお腹が鳴りそうです。

画材屋さんに行ったとき、ふと「はだいろ」の色鉛筆を探したところ、「今は『うすだいだいいろ』という名前ですよ」と店員さんに教わりました。

黄色人種、というよりもOrange Monkeyの方が「お蜜柑ばっかり食べるお猿さん」のようでちょっと"かあいらしい"のにな、とふと思いました。

160724daidai1.jpg
02_台北松山空港のレストラン。ぼんぼりの色と鶏ガラを茹でた香りにつられてお腹が鳴りそうです。

自分の肌の色は茶色っぽい、もっと色白なら良いのにと思っていましたが、友だちと話しながら並んだ腕を見たときに、思っていたほど濃い色ではないとわかりました。

160724daidai2.jpg
03_元日本人宿舎でみつけた花。花の名前がわかると散策がもっと楽しくなるだろうなと毎回思うのです。

桃色っぽい肌の子、赤っぽい肌の子、白っぽい肌の子、いろんな肌色があるよねと話すと相手も「自分が思ってたほどじゃなかった」と言うのもまた不思議です。

160724daidai3.jpg
04_士林夜市で飲んだパパイヤミルク(木瓜牛?)。甘いけれど熱い夜にぴったりの一杯です。

そんなことがあってから橙色に惹かれてしまうのですが、ビタミンをたっぷり含んだ色であることと同時に、自分の肌の色に近いからかもしれません。

こんがり焼けた小麦色の肌は美白思考の今時はやらないのかもしれませんが、日焼け対策を万全にして思いっきりアウトドアを楽しんだあと、しっかり栄養補給して明日も元気に出かけよう! と思います。

あわせて読みたい

元気をくれるビタミンカラー。「黄色」に思わずハッとする

やさしさをくれる色。「緑」に心奪われる

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析