1. Home
  2. MIND
  3. 若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

土居文恵

若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

昨年、アメリカで娘を出産した際にお世話になった総合病院の日本人通訳さん。毎月の検診に付き添って下さり、難解な医療英語に苦しむ私を助けて下さいました。

若々しい脳を保っている、毎朝の習慣

そのスケジュールはとてもハードらしいのですが「仕事がとっても楽しくて幸せ」と笑顔で語っていました。とてもパワフルで若々しいので、60代後半くらいのお年かな? と勝手に思い込んでいましたが、何と80歳とのこと。お話もとても楽しかったので、毎月の検診が楽しみでした。

そんな通訳さん、朝早い検診の時は私の到着を待ちながらフリーペーパーに載っている「数独」を解いていました。毎朝、アメリカ人のご主人と2人で同じ問題を解いているのだそう。「どうしても主人には勝てないのよ。」と悔しそうに話して下さいました。「若い頭脳を保ちたかったら、脳を使わないと駄目。数独はとても良い脳トレーニングよ。夫婦のコミュニケーションツールにもなるしね。」と笑顔でおすすめしてくれました。

日本生まれの「数独」がアメリカで大人気

「数独」はアメリカでは「SUDOKU」として、大体どの新聞、フリーペーパーにも問題が掲載されています。病院の帰り、ふらっと立ち寄ったカフェに置かれていたフリーマガジンの中にも、「SUDOKU」のコーナーが。早速、挑戦してみました。

5分で解けるやさしいものから、1時間以上かかる難しいものまでと、レベルはさまざまで奥深いです。問題が解き終わり、全ての数字がきれいにならんだ時は爽快な気分になれます。いままで使っていなかった脳の部分が刺激されたような感じで、癖になりそう。異国の地で、人生を輝かせている素敵なおばあちゃんの習慣。すぐにまねできるのがうれしいですね。毎日のちいさな習慣として、取り入れてみるのも良いかもしれません。

top-image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?