1. Home
  2. MIND
  3. 若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

土居文恵

若くてパワフルなおばあちゃんが毎朝行う秘密の習慣は?

昨年、アメリカで娘を出産した際にお世話になった総合病院の日本人通訳さん。毎月の検診に付き添って下さり、難解な医療英語に苦しむ私を助けて下さいました。

若々しい脳を保っている、毎朝の習慣

そのスケジュールはとてもハードらしいのですが「仕事がとっても楽しくて幸せ」と笑顔で語っていました。とてもパワフルで若々しいので、60代後半くらいのお年かな? と勝手に思い込んでいましたが、何と80歳とのこと。お話もとても楽しかったので、毎月の検診が楽しみでした。

そんな通訳さん、朝早い検診の時は私の到着を待ちながらフリーペーパーに載っている「数独」を解いていました。毎朝、アメリカ人のご主人と2人で同じ問題を解いているのだそう。「どうしても主人には勝てないのよ。」と悔しそうに話して下さいました。「若い頭脳を保ちたかったら、脳を使わないと駄目。数独はとても良い脳トレーニングよ。夫婦のコミュニケーションツールにもなるしね。」と笑顔でおすすめしてくれました。

日本生まれの「数独」がアメリカで大人気

「数独」はアメリカでは「SUDOKU」として、大体どの新聞、フリーペーパーにも問題が掲載されています。病院の帰り、ふらっと立ち寄ったカフェに置かれていたフリーマガジンの中にも、「SUDOKU」のコーナーが。早速、挑戦してみました。

5分で解けるやさしいものから、1時間以上かかる難しいものまでと、レベルはさまざまで奥深いです。問題が解き終わり、全ての数字がきれいにならんだ時は爽快な気分になれます。いままで使っていなかった脳の部分が刺激されたような感じで、癖になりそう。異国の地で、人生を輝かせている素敵なおばあちゃんの習慣。すぐにまねできるのがうれしいですね。毎日のちいさな習慣として、取り入れてみるのも良いかもしれません。

top-image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は