1. Home
  2. MIND
  3. 自分の面倒は自分で海が教えてくれること 前編【マインドフルネスにいまを生きる】

自分の面倒は自分で海が教えてくれること 前編【マインドフルネスにいまを生きる】

松永真美

自分の面倒は自分で海が教えてくれること 前編【マインドフルネスにいまを生きる】

海水浴のシーズンになりました。私の住む町はこの季節になると、なんとなく浮き足立ったような、ワクワク感が漂うような、そんな雰囲気になります。週末になると海辺は海水浴客で賑わっています。

私はサーフィンをするのですが、サーフィンをしているといろいろなことを気づかされます。たとえば、冬の寒い海で波をひたすら待っているとき。あれ? 私これ、ほんとに楽しい? とか(笑)。波に乗れるという期待感からか、はたまた意地か。もちろん、ほんとうにそれがしたくてしていることもあるんですけれどね。

サーフィンとひとことでいっても、そのスタイルは人それぞれです。小さい波が好きな人もいれば、大きい波が好きな人もいる。競技のひとつとして技を磨きたい人もいれば、上達するかどうかはどうでもよくて、だた波に乗る楽しさだけを味わいたい人もいる。板の長さも、いろいろです。

サーフィンをほんとうに楽しむために、とっても大切なことは、自分がどうしたいか、だと思うのです。小さい波が好きな人が、なんか大きい波に乗ったほうがかっこいいし、恐がりと思われたくないから、と大きい波の海に入っても楽しめませんし、事故の原因になったりします。小さい波のポイントで入っていても、誰かにこれいい波! と言われた波が、必ずしも自分好みとは限りません。

誰かと一緒に海に入ったとしても、その誰かが楽しませてくれたり、守ってくれたりするわけではなくて、海では基本的に自分の面倒は自分で見なければなりません。これって、サーフィン中だと結構当たり前なんですが、日常に通じることだとおもうのです。

自分が何を楽しく感じるのか、何に違和感を感じるのか。サーフィンだけでなく、なんにつけても楽しむためには、それを知っていることがまずとても大切なんだろうとおもうのです。その上で、周りの意見は尊重して受け取りながら、自分でどうするか決める。

そうしながらも、自分の力なんてまったく及ばない大きな海という存在を感じていること。どの波にどんなふうに乗るかは自分で決められるけれど、どんな波が来るかは自分にはどうにもできません。自分にはどうにもできないこともあるけれど、自分を楽しませるために自分で選べることもある。サーフィンが教えてくれることのひとつには、そんなことがあるなあとおもいます。

後編に続く>>

今日の1枚:

マウイ島で訪れた世界屈指のビッグウェーブポイントピアヒ(ジョーズ)。この日の波のサイズは30フィート。この人生でこんな波に乗りたいと思う日が来ることはなさそうだなあと思いながら見学を楽しみました。

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧

思考はオフ、今の気分を大切に 前編後編

自然を愛でることは自分を愛でること 前編後編

今この瞬間の身体を感じる練習 前編後編

3つの質を知る。自分本来の生き方へのコンパス 前編後編

人生の豊かさに気づく梅雨の大掃除 前編後編

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら