1. Home
  2. STYLE
  3. さりげなく色っぽさをプラスする夏服の着こなし方【おしゃれのおさらい】

さりげなく色っぽさをプラスする夏服の着こなし方【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

さりげなく色っぽさをプラスする夏服の着こなし方【おしゃれのおさらい】

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

暑くて溶けてしまいそうな毎日。ファッションは、ついつい涼しさ優先になってしまいがち。けれども、夏はさりげなく色っぽさをプラスし、女性らしさをアピールするのに最高の季節でもあります。それを活用しない手はないんです。そこで今回は、アイテムの選び方や着こなし方、ちょっとした気づかいで、コーディネートに品よくさりげなく女性らしさをプラスする方法をご提案していきます。

Tシャツは意外と使える

夏といえばTシャツ。この、カジュアルアイテム代表のTシャツも、じつは色っぽさチャージに役立つアイテム。今年はゆったりしたサイズ感の、ショート丈Tシャツが多く出ています。とろみのある薄手のタイプを選べば、ひらひら動き、体のラインを拾ったり拾わなかったりしながら、そーっと、でもしっかり、女性らしさをアピールしてくれます。元々がカジュアルなアイテムなので、ベーシック派もマニッシュ派も取り入れやすいはずです。

もっと女性らしくシャツを着る

キッチリした印象になりがちなシャツは、いつもより、1つボタンを多くあけることで柔らかい女性らしいアイテムとなります。胸元というよりも、襟足を意識し、着物のように、少しだけ後ろに襟を抜き、横にも広く開いて抜け感を作りましょう袖もラフにロールアップしバランスを取ることをお忘れなく。インナーは、胸元から覗くか覗かないか程度のものがベスト。たとえ覗かなくても、胸元をちゃんと覆っておくことで、品の良さをしっかりキープできます。凛々しい中にも柔らかさのある、上品な色気を出したい人はぜひ。

ブラウスの袖でしなやかさをプラス

ブラウスの袖丈は、半袖や五分袖ではなく、さり気なく肩を覆う、フレンチスリーブを。ノースリーブを着たときの、ちょっとかっこいい女性らしさとはまた違う、可憐な色っぽさを出すことに一役買ってくれるはずです。腕の膨らみを少し隠してくれる、ひらひらした袖のものや、V字に入った切り込みが、腕をすっきり細く見せてくれるタイプなど、腕を出すのに自信がない......という人が取り入れやすいものも、多く出ています。ただし、肩からピーンと横に張る、しっかりした生地のものは、逆にたくましさが出てしまうことも。Tシャツと同じく、しなやかな素材のものを選び、生地感でも女性らしさをプラスしてください。

首元には華奢なネックレスを

色っぽさを意識するなら、やはり、首元にはネックレス。まずは、自分の首まわりがすっきり見える長さを見つけましょう。華奢なチェーンを選ぶと、首元も華奢な印象になり、優しく、上品な女性らしさが。しっかりしたチェーンを選ぶと、キリッとしたちょっと強めの女性らしさがプラスされます。軽やかに揺れるピアスイヤリングもいいですね。色はゴールドがおすすめです。

足元だってやっぱり華奢が女性らしい

昨年以上に多く見かける、スポーツ系サンダル。はずしアイテムとしても活躍してくれますが、女性らしさをアピールするのには残念ながら向いていません。

丸みや厚みの少ない、すっきりシルエットのものを選び、華奢な足元を作りましょう。細めのベルト使いの物など、甲を覆う部分が少ないものがベター。高いヒールでかっこ良く、ローヒールで優しく、足元からもそーっと、女性らしさをアピールです。ペティキュアは、悪目立ちしないものを。

難しく考えなくても、色っぽさをプラスしやすいこの季節。『いつもより少しだけ』を意識し、品よくさりげなく女性らしさをアピールしてみてください。

次回のおしゃれのおさらいは「夏のブラック」がテーマ。お楽しみに。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#11 体型に合うヒール靴とフラットシューズの選び方

#10 メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす

#9 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ

#8 いつもカーディガンが手放せない人へ

#7 洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?