下着が汚れてしまったり、デリケートゾーンがベタベタしたり、なんだか面倒な「おりもの」。そう思っている人も多いかもしれません。

でも、おりものは、カラダのリズムや体調を教えてくれるサインでもあるのです。おりものについて、わかりやすく解説している小林製薬のサイト「おりものはカラダのサイン」から、改めて学んでみることにしました。

おりものは、女性のカラダの中から"おりてくるもの"

201607_sarasaty_2.jpg

おりものは子宮、腟、汗腺からの分泌物が混ざり合った、粘り気のある液体のこと。細菌が腟の中に入ってくるのを防ぎ、精子が子宮にスムーズに到達するための手助けをするのが、大きな役割です。そして、女性ホルモンと深い関わりがあるため、生理と同じように、約28日周期で変化をくりかえすのも特徴。

たとえば、においはあまりなく、透明でとろりとした水のようなおりものになってきたら、排卵日のサイン。いったん減っていたおりものの量が増え、どろっと白っぽく変化し、においが強くなってきたら、そろそろ生理が始まるサイン。おりものの変化を見れば自分のカラダの状態がわかるので、生理がいつ始まるかな......とそわそわしたり不安になったりすることもありません。

また、年齢によって分泌量も変わります。とくにおりものの量が多いのが、女性ホルモンの分泌がピークになる20〜30代。そして、女性ホルモンの分泌が減っていくと、おりものもだんだん少なくなっていきます。これらの変化を知っていれば、自分のカラダの状態を把握できるバロメーターになるんです。

すっぱいにおいは健康の証だった

201607_sarasaty_3_1.jpg

女性のカラダにとって、おりものは大切だということはわかったけれど、デリケートゾーンのにおいが気になったり、かゆくなったりというトラブルも。とくににおいは、ほかの人も気づいていないか心配です。

ヨーグルトやチーズ、あるいはお酢をうすめたような、すっぱいにおいを感じることがありますが、このおりもの特有のにおいの正体は、腟の中にある乳酸。乳酸は、腟の中で雑菌が繁殖するのを防ぐために必要で、すっぱいにおいがするということは、じつは健康な証拠なのだとか。とくに生理前はにおいが強くなりやすいので、お風呂でデリケートゾーンをやさしく洗いましょう。もし、ふだんとは違うイヤなにおいがするなど、おりもののにおいが気になるときは、医師に相談を。

かゆみやかぶれの大きな原因は、デリケートゾーンのムレ。肌がふやけるとバリア機能が低くなり、おりものがつくだけで、かぶれてしまうことも。かぶれやかゆみが気になるときは、化学繊維ではなく、通気性がよく肌にやさしいコットンなどの下着をつけるといった対策が必要です。

「おりものシート」をかしこく使って

201607_sarasaty_3.jpg

そしてもうひとつおすすめしたいのが、下着につける「おりものシート」。お気に入りの下着を汚さなくて済むし、ムレやベタつき感が気にならないので、いつでも快適に過ごせるんです。

表面シートに天然コットンを100%使った「サラサーティコットン100」は、ふんわりやわらかな使い心地。高品質の素材を使った商品のみに与えられる「ジャパン・コットン・マーク」つきの商品です。さらに、肌へのやさしさにこだわった結果、日本アトピー協会の推奨商品にもなっているのです。

また、シートは通気性がよく、かぶれやにおいの原因になるムレも気になりません。

ライフスタイルに合わせて使い分けも

201607_sarasaty_4.jpg

「サラサーティコットン100」には、おりものシートが2枚重なった2枚重ねのめくれるシート」もラインナップ。忙しくてこまめに変えられないときや、予備を忘れてしまったときも、これなら便利です。

タイトなパンツやスカートを履くときには、Tバックの形にぴったり合うSara・li・e(さらりえ)Tバックショーツ用」がおすすめ。

下着におりものや経血がついたときは、「サラサーティ ランジェリー用洗剤」で洗濯を。20分間つけ置きするだけで、時間がたった経血などの汚れでも、すっきり落としてくれます

なんとなく面倒なものだと思っていたおりものだけど、カラダの仕組みがわかれば納得の存在。これからは、上手に付き合っていけそうです。

sarasaty_banner.jpg

サラサーティ

sponsored by 小林製薬株式会社

撮影(商品)/柳原久子 文/小口梨乃

top image, bed, interior via Shutterstock