1. Home
  2. EAT
  3. ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

ドイツ国内ではおなじみの「学生スナック(Studentenfutter)」をご存知ですか? スーパーやドラッグストアなどどこにでもおいてある、ヘルシーなスナックなんです。

ナッツ・ドライフルーツは最高のおやつ

かんたんにいえばこの学生スナックは、さまざまなナッツ類と乾燥フルーツをミックスしたおつまみのようなもの。ナッツ類ではクルミ・マカダミア・ピーナツ・アーモンド・カシュ―ナッツ・カボチャの種などが、ドライフルーツではレーズン・アプリコット・ショウガの砂糖漬けなどが入ったミックスが人気。最近ではドライ・パイナップルやドライ・マンゴー、ココナッツ・チップスも入るエキゾチック・シリーズも店頭にお目見えするようになりました。

これら市販のものにバナナチップスやピスタチオ、ドライ・アップルや松の実などを加え、自分だけのこだわりレシピを持つ人も見かけます。いまでさえこんなに豪華になった学生スナックですが、その原点はほんの2、3種類のナッツとレーズンだけの非常にシンプルなもの。長期保存が可能なほか、かさばらないから持ち運びにもとっても便利。当然スポーツ選手たちにも人気です。ダイエット中、ちょっと小腹がすいて甘いものが欲しいなと思った時にもよいかもしれませんね。

ナッツは「ブレイン・フード」

ドイツでは、とくに学生たちに重宝される学生スナック。その昔、ピーナッツとレーズンが比較的安値であったので、学生たちに手が届きやすいおやつであった事からその名がついたようです。他説では、勉学に励む学生たちに理想的な栄養素を届けてくれるからだそうで、レーズンとナッツの掛け合わせがベストだとされるのがその理由のようです。

甘いものを欲した際、そのほとんどがブドウ糖でできているというレーズンがすばやく脳に栄養補給してくれる。そのことで集中力が高くなります。またブドウの皮をまるごと乾燥させてつくられているために抗酸化作用が高く、また消化が遅いためにお腹にたまりやすい。血糖値をゆるやかにあげてくれるという利点もあげられます。

また学習能力・記憶力を高めると言われるピーナツと、ほかのナッツ類とを混ぜることで、ストレスに対抗するマグネシウム・神経の疲労回復促進をするB-ビタミン類がとれることも、最高のパフォーマンスを上げる手助けをしてくれる、人気の秘密なのでしょう。

英語ではちなみに「トレイル・ミックス(Trail Mix)」と呼ばれるこのスナック。トレイルと呼ばれる理由は、遠足やハイキングに行く際のおともとして開発されたからだと聞きます。これから家族で海や山へ出かける機会には、自分たちだけのオリジナルをミックスしても楽しそうですね。個人的には柿の種を入れてもおいしそうだと思っています。

photo by Thinkstock/Getty Images

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

    FBからも最新情報をお届けします。