1. Home
  2. EAT
  3. ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

キュンメルめぐみ

ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

ドイツ国内ではおなじみの「学生スナック(Studentenfutter)」をご存知ですか? スーパーやドラッグストアなどどこにでもおいてある、ヘルシーなスナックなんです。

ナッツ・ドライフルーツは最高のおやつ

かんたんにいえばこの学生スナックは、さまざまなナッツ類と乾燥フルーツをミックスしたおつまみのようなもの。ナッツ類ではクルミ・マカダミア・ピーナツ・アーモンド・カシュ―ナッツ・カボチャの種などが、ドライフルーツではレーズン・アプリコット・ショウガの砂糖漬けなどが入ったミックスが人気。最近ではドライ・パイナップルやドライ・マンゴー、ココナッツ・チップスも入るエキゾチック・シリーズも店頭にお目見えするようになりました。

これら市販のものにバナナチップスやピスタチオ、ドライ・アップルや松の実などを加え、自分だけのこだわりレシピを持つ人も見かけます。いまでさえこんなに豪華になった学生スナックですが、その原点はほんの2、3種類のナッツとレーズンだけの非常にシンプルなもの。長期保存が可能なほか、かさばらないから持ち運びにもとっても便利。当然スポーツ選手たちにも人気です。ダイエット中、ちょっと小腹がすいて甘いものが欲しいなと思った時にもよいかもしれませんね。

ナッツは「ブレイン・フード」

ドイツでは、とくに学生たちに重宝される学生スナック。その昔、ピーナッツとレーズンが比較的安値であったので、学生たちに手が届きやすいおやつであった事からその名がついたようです。他説では、勉学に励む学生たちに理想的な栄養素を届けてくれるからだそうで、レーズンとナッツの掛け合わせがベストだとされるのがその理由のようです。

甘いものを欲した際、そのほとんどがブドウ糖でできているというレーズンがすばやく脳に栄養補給してくれる。そのことで集中力が高くなります。またブドウの皮をまるごと乾燥させてつくられているために抗酸化作用が高く、また消化が遅いためにお腹にたまりやすい。血糖値をゆるやかにあげてくれるという利点もあげられます。

また学習能力・記憶力を高めると言われるピーナツと、ほかのナッツ類とを混ぜることで、ストレスに対抗するマグネシウム・神経の疲労回復促進をするB-ビタミン類がとれることも、最高のパフォーマンスを上げる手助けをしてくれる、人気の秘密なのでしょう。

英語ではちなみに「トレイル・ミックス(Trail Mix)」と呼ばれるこのスナック。トレイルと呼ばれる理由は、遠足やハイキングに行く際のおともとして開発されたからだと聞きます。これから家族で海や山へ出かける機会には、自分たちだけのオリジナルをミックスしても楽しそうですね。個人的には柿の種を入れてもおいしそうだと思っています。

photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbanner

    Ranking

    1. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    2. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. デスクワークによる腰痛を予防&ケア。「大臀筋」のストレッチ

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    10. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    7. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    8. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    9. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら