1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. セルフヘッドマッサージで「梅雨だる」をスッと解消

セルフヘッドマッサージで「梅雨だる」をスッと解消

高田薫

セルフヘッドマッサージで「梅雨だる」をスッと解消

梅雨シーズンに突入しました。紫陽花が色鮮やかで、日本の季節の移り変わりを楽しめるのは魅力的なのですが、からだにとって不快感を感じることも。

この症状は「梅雨だる」かも?

不快感を感じる理由は、

・低気圧により炎症物質ヒスタミンが分泌され、肩こりが起こりやすくなる

・寒暖の差がからだにストレスを与える

・湿度が高く、からだの代謝が落ちがち

・天候が悪いと自律神経などのバランスを整えるセロトニンが不足し、胃の不調や頭痛などが起こることも

この時期の頭痛や肩こりなどの症状は、最近よく聞く「梅雨だる」といえるでしょう。解消法はいろいろありますが、おすすめしたいのはヘッドマッサージです。

一石二鳥。おうちで出来るヘッドマッサージ

頭皮部分のマッサージにより、血行を促進させることで肩こりなどの解消につながるほか、紫外線で炎症を起こしている頭皮のケアにもなり一石二鳥の効果が。

頭皮と肌の専門店 希翠」で、おうちで出来るヘッドマッサージのやり方をうかがいました。

1.髪をシャンプーで泡立てます。

20160620_kissui1.jpg

2.泡でもこもこさせた状態で、洗い流す前に耳の上辺りにある筋肉を指で押さえます。

20160620_kissui2.jpg

3.押さえた部分の頭皮を上に待ちあがるように上下に動かすイメージでもみほぐしていきます。

20160620_kissui3.jpg

泡をつけた状態というのがポイントなのだそう。筋肉を動かしながら頭皮の表面だけでなく、頭皮がやわらかくなることで毛穴の汚れを浮き出しやすくなり、泡がその汚れを吸収してくれるのです。

セルフマッサージの際、頭皮を動かす場合は、動かせる部分は積極的に動かしてOK。でも、やってみて動きにくい部分があったら、無理に動かさないこと。無理に動かすことで肩こりをさらに進行させてしまいかねません。ヘッドスパの専門店などで頭皮の筋肉を一度ゆるめてもらうと、セルフマッサージもぐっとラクになるそう。

夏は紫外線に注意! 乾燥対策も万全に

また、これからの季節は、紫外線で分け目などが炎症をおこしてしまうことも。健康な頭皮は青白い色ですが、炎症をおこしていると赤みがかっています。赤いかも......と思ったら、オイルを頭皮になじませたあと、シャワーキャップをかぶり、お湯に浸かりましょう。蒸らすことで、シャンプーで油分が落ちすぎるのを防止することができるそうですよ。

オイルは、ホホバオイル、スクワランオイルなど肌にやさしく、頭皮環境を整えるに適したものを選ぶのがポイント。頭皮が乾燥してしまうとフケの原因になったり、薄毛につながったりすることもあります。分け目を変えるのも大事ですが、外出の際は日傘や帽子をかぶったり、スプレータイプの日焼け止めを頭皮にも使用すると安心です。

頭皮マッサージは、梅雨だるによる肩こりの解消だけでなく、これからの季節とくに気をつけたい紫外線による頭皮のダメージにも効果的というのがうれしいですね。ヘッドスパで頭皮のお手入れをして、髪や全身の健康を目指しましょう!

希翠

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?