1. Home
  2. MIND
  3. 生まれたときから決まっている。12星座とアロマの深い関係

生まれたときから決まっている。12星座とアロマの深い関係

3,257

生まれたときから決まっている。12星座とアロマの深い関係

宇宙にある惑星を読み解く「星占い」とハーブから採れる精油を使う「アロマテラピー」。大好きなふたつが互いに関係しているとしたら、なんだかわくわくしてきませんか?

12星座とハーブのつながりを知る

日常にアロマやハーブ、フラワーエッセンスを取り入れるアイディアを提案する「ニールズヤード レメディーズ」のスクールの1DAY講座「LUCKとLOVEをGETする12星座のアロマレッスン」へ参加してきました。

「その昔、西洋占星術は運気の良し悪しだけではなく、医療にも用いられていました。17世紀ロンドンのハーバリスト(本草学者)で占星術師のニコラス・カルペッパーは、それぞれの惑星に対応するハーブを分類し、患者の出生ホロスコープを見ながら薬草を処方していたのです。」

と、講師の楠本菜緒実さん。

星占いの歴史にはじまり、おなじみの12星座の特長を、対応精油の香りを嗅ぎながら見ていきます。身近な人を思い浮かべると「そうそう、こんな性格! 」と納得することばかり。12星座が4元素(火・地・風・水)のグループに分けられることも知りました。精油は「火」の元素はスパイシー、「地」はどっしりと重い香りなど、大脳に直接届いた香りでイメージが広がります。

:〈直感的〉牡羊座 獅子座 射手座

:〈感覚的〉牡牛座 乙女座 山羊座

:〈思考的〉双子座 天秤座 水瓶座

:〈情感的〉蟹座 蠍座 魚座

魚座の筆者は「水」の元素。パートナーや仲のいい友人に蟹座、さそり座など、おなじ水のグループに属する人が多いことに気づいてびっくり! おなじグループ同士だから居心地がいいのでしょうね。

12星座はさらに3区分(活動宮・不動宮・柔軟宮)に分類され、 4元素×3区分、全部で12通り。「星座はひとつとして同じタイプはない」のだそう。世の中に多種多様な考えの人がいるのはそのせいかもしれません。

活動宮:牡羊座 蟹座 天秤座 山羊座

不動宮:牡牛座 獅子座 蠍座 水瓶座

柔軟宮:双子座 乙女座 射手座 魚座

これを知っただけでますます星占いに興味がわいてきます。

意外なお気に入りの香りも見つかるかも

最後に、自分の星座に対応する精油と、4元素に対応する精油を使ってブレンドオイルをつくります。

〈LUCKを引き寄せる! 12星座に対応する精油〉

牡羊座:ブラックペッパー

牡牛座:イランイラン

双子座:ペパーミント

蟹座:クラリセージ

獅子座:オレンジ

乙女座:ラベンダー

天秤座:ゼラニウム

蠍座:パチュリー

射手座:ジュニパー

山羊座:サイプレス

水瓶座:ユーカリプタス

魚座:プチグレン

〈LOVEを引き寄せる! 4元素に対応する精油〉

:ジャスミン

:ローズ

:ネロリ

:メリッサ

効果効能や好みで選ぶと、おなじ精油ばかり使いがち。対応星座からチョイスすると、予想外の香りとの出会いが楽しめるのもいいですね。本能に働きかけるのでしょうか? ブレンドされた香りはスッとなじみ、お気に入りになりました。

じつは星座に関する講座の多いニールズヤードのスクール。占星術とハーブの関係に詳しい鏡リュウジさん、岸延江さんを講師に招いた「ハーバルアストロロジー」、初心者向けの「はじめてのアストロロジー」など、もう一歩踏み込んだクラスも充実。まずは1DAY講座から、その奥深さと楽しさに触れてみたくなりました。毎日の星占いとアロマセラピーの時間が何倍も楽しくなりそうです。
[ニールズヤード レメディーズ「12星座のアロマレッスン」]

photo by PIXTA

松浦松子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    生まれたときから決まっている。12星座とアロマの深い関係

    FBからも最新情報をお届けします。