1. Home
  2. STYLE
  3. メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす【おしゃれのおさらい】

メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす【おしゃれのおさらい】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

暑くなってくると気になりはじめる真っ白なコーディネート。明るめのワントーンコーディネートが好まれている今年も、雑誌やお店のウィンドウでたくさん見かけます。しかし、気にはなるけど難しそう......と、ハードルが高く感じている人も多いよう。今回は、手軽に品のいいおしゃれ感を出すことができる白×白のコーディネートを、ワンランクアップするコツをご紹介します。

異素材でメリハリをつける

白×白のコーディネートを難しいと感じている人が、まず頭に置きたいのは「異素材同士を組み合わせる」こと。違う質感のアイテムを組み合わせることでコーディネートにメリハリが付き、おしゃれ度はぐっと上がります。

持っておくと便利なアイテムは、ざっくり編まれたローゲージのニット。ニットの網目がわかりやすくメリハリを付けてくれるので、同色同士の組み合わせでも、のっぺりと寂しくなってしまうことはありません。太い糸のものを選べばカジュアルに、細い糸のものを選べばしっとりした雰囲気を作りやすくなります。

ざっくりニットは変幻自在

ざっくりニットがあれば、ボトムスにどんな素材が来ようがウエルカム。とろみ素材のガウチョパンツ、ホワイトデニムのタイトスカート、コットンのキレイめクロップドパンツ、薄手リネンのロングスカートなど。どんな素材のボトムスと合わせても、コーディネートは立体的になり、すてきにまとまります。

Vネックやクルーネック、ショート丈、オーバーサイズのものなどいろいろなタイプが出ているので、合わせるボトムスを考え、コーディネートしやすいものを選びましょう。

ベーシックコーデなら小物をプラス

もっとベーシックなアイテム同士のコーディネートを、さらっと着こなしたい! というのであれば、サブアイテムや小物類の出番です。

「白シャツ+白のデニムパンツ」や「白いTシャツ+白のコットンスカート」など、落ち着いた質感のベーシックなアイテム同士の組み合わせの場合、立体感ある素材のものをプラスしてみてください。

たとえば、リネンのニットカーディガンを肩にかけたり、ストロー素材のかごバッグを合わせたり。トップスに絡むアイテムだと、より印象は変わります。かごバッグは上品な明るめの色のものを選べば、白×白の雰囲気を壊すことはありません。

インナーはやっぱり明るめベージュ

忘れてはいけないインナー問題! カラーバリエーションがあっても白にだけ裏地が付いているものが出ているように、ボトムスは裏地が付いているのが一番安心です。裏地が付いていないものの場合、やはりベージュのシームレスの下着が一番透けにくいでしょう。ただ、濃いベージュだと、残念なことにそのベージュが透けて見えてしまうことも。先日撮影で、モデルさんともこの話になりましたが、なるべく肌に近い、明るめのベージュを選ぶのがベターです。

透けトップスには白キャミソール

トップスも同じく、シームレスの明るいベージュのインナーが透けにくいですが、ざっくり編まれたニットやとろみ素材のブラウスなど、透け感のあるトップスの場合、それではおかしなことになってしまいますよね。どのタイプのネックラインでも悪目立ちすることなく、下着感も少ない、胸元まっすぐ、チューブトップタイプの白のキャミソールを1枚持っておくと便利です。カップの入ったタイプを選べば、ブラの紐も気になりません。

顔映りのいい白を選び気分よく、ファッションでもおもいっきり夏を満喫したいですね。

次回のおしゃれのおさらいは「夏の足もとの組み合わせ」について、ご期待ください。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#9 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ

#8 いつもカーディガンが手放せない人へ

#7 洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと

#6 カジュアルになりすぎない、大人のスニーカーコーデ術

#5 30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    2. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    3. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    4. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    7. 運動は苦手だった...メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 簡単に「感じのいい人」になれる方法

    10. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?