1. Home
  2. STYLE
  3. セクシーだけ? 着るだけで海まできれいにしちゃう、大胆さ

セクシーだけ? 着るだけで海まできれいにしちゃう、大胆さ

冠ゆき

セクシーだけ? 着るだけで海まできれいにしちゃう、大胆さ

まずは大胆でスタイリッシュなデザインに目が吸い寄せられるこの水着。その性能を読めば、2度びっくり。というのも、これを着て海水浴するだけで、海の汚れを除去できるというのです。

4年がかりの開発で生まれた特殊スポンジ

Sponge Suit(スポンジスーツ)と名付けられたこの水着。プラスチック製のサポートと、特殊スポンジでできています。海の汚れを取り除く役目を果たすのは、このスポンジ部分です。

特殊スポンジを開発したのは、カリフォルニア・リヴァーサイド大学の技術者グループ。スポンジは、砂糖から派生した成分でできていて、自身の25倍の有害成分を吸い取ることができます。想像しにくいですが、スポンジとは言っても、疎水性の高い素材なので、水分は一切吸収しないそうです。

開発者の一人、オズカン教授によれば、

「有害物質はすべてスポンジの目に見えないナノサイズの孔に取り込まれ、肌には一切触れない」

ConsoGlobeから翻訳引用)

ということで、水着を着る人の健康への悪影響もありません。普通の水着が、海水も有害成分も区別なく通すことを考えれば、有害成分が肌に触れないという点では、この水着の方が安心とも言えます。ちなみにスポンジ部分は約20回使用可能で、そのあとは加熱処理で有害成分と分離したのち、再びあたらしいスポンジとしてリサイクルできます。

「環境に悪影響を及ぼさず、生産も採算の合う、素晴らしい素材」

ConsoGlobeから翻訳引用)

とオズカン教授も太鼓判を押しています。

3Dプリンターでつくられたプラスチック製サポート

4年の研究が生み出した特殊スポンジを水着にするため共同開発に加わったのは、デザイン建築オフィスSOUR社です。同社によるプラスチック製サポートは、しなやかで軽く、近未来的ともいえるフォルムをしています。オズカン教授によれば、「スポンジの多孔性と、波の形」にヒントを得たデザインだそうで、その独創性には、私も一目で魅了されました。

20160609_sponge1.jpg

技術とデザインの2点で評価されるイノヴェーションコンクール「Reshape Wearable Technology Competition 2015」で、最優秀賞を受賞したというのも、うなずける話です。同社によれば、現在2017年夏の商品化を目指して準備中とのこと。待ち遠しい話です。

水着一着できれいにできる海の範囲はわずかなものかもしれませんが、まさしく大海も一滴の水から。同じ着るなら、こういう水着で海水浴を楽しみたいと思うのは、私だけではないでしょう。

ConsoGlobe,SOUR,Reshape

    Ranking

    1. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    4. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    5. 「ヨーグルトで花粉症対策」はホント? 効果的に食べる方法は

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    9. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    10. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    4. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら