1. Home
  2. EAT
  3. 伊豆下田。日本一のマドレーヌ【甲斐みのり「おやつの時間」】

伊豆下田。日本一のマドレーヌ【甲斐みのり「おやつの時間」】

甲斐みのり「おやつの時間」

1,332

甲斐みのり

伊豆下田。日本一のマドレーヌ【甲斐みのり「おやつの時間」】

作家のおやつ』(平凡社)なる本を開くと、故郷・静岡のお菓子が、作家・三島由紀夫の好物として紹介されていました。それは、大正11年に伊豆下田で創業した「日新堂菓子店」のマドレーヌ。作家が「日本一のマドレーヌ」と絶賛したというそのお菓子を食べてみたくて、数年前に取り寄せしたことがあります。

そうして下田を旅することになったとき、どうしてもとお店に立ち寄り、素朴だけれど品のよいあの味に再会。三島由紀夫とのお付き合いについても伺うことができました。

三島由紀夫は昭和39年から、亡くなる昭和45年まで、夏のバカンスを家族と下田で過ごしていたそうです。穏やかな下田湾で海水浴や執筆活動をおこない、下田が舞台の短編『月澹荘綺譚』や、遺作の『豊饒の海』の最終巻「天人五衰」を書き上げています。

三島由紀夫が愛したマドレーヌ

そんな中、週に一度は日新堂菓子店を訪れ、好物のマドレーヌをどっさりと買い込み、ホテルの部屋に持ち帰ったそう。今でこそ甘いものはどの町でもたやすく手に入るけれど、昭和40年代はまだまだ品のよい洋菓子は貴重で、作家を訪ねて下田までやってくる来客用のおもてなし菓子としても喜ばれたことでしょう。

華美なおやつに溢れた今、昭和の時代から変わらず地元で愛される洋菓子は珍しいくらい。高校生の頃に読んだ『三島由紀夫レター教室』を本棚から取り出し、久しぶりにページをめくりながら、おやつの時間にマドレーヌをいただきました。

[作家のおやつ,日新堂菓子店]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由