1. Home
  2. STYLE
  3. 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

みなさんが愛用しているブルーデニムのパンツはどんな色ですか? カジュアルな印象の強い、色落ちしたライトブルーのデニムパンツ。履きこなすのは難しそう......と、敬遠している人はきっと多いですよね。でも、この明るいブルーのデニムパンツ、コーディネートをフェミニンな印象にしてくれる、なかなか優秀なアイテムでもあるんです。

柔らかく女性らしさを加えられる

たとえば、トップスがパステル系ピンクのニットのとき。ワンウォッシュなど濃い色のデニムパンツを合わせると、少しアクティブな印象にまとまります。もちろん、そのコーディネートもOK。なんの問題もないのですが、もう少しフェミニンに、優しい雰囲気にしたいな......というときは、色落ちした、ライトブルーのデニムパンツを合わせてみてください。全体的に淡いトーンになり、女性らしさがぐっと上がります。

ポイントは、足元に重めの色をプラスすること。デニムパンツと同じブルー系、ネイビーなどをあわせれば、コーディネートがぼんやりすることもありません。

逆に、濃い色、ワインレッドやオレンジなどのトップスのときも、ライトブルーのデニムパンツを合わせると、トップスの強さが弱まり、優しい印象になります。このとき足元は、デニムパンツ同様、明るい色のものを。強い色はトップスに任せ、ほかのアイテムは淡い色でまとめましょう。

フェミニンに履くならガールフレンドタイプを

もちろん、どういうデニムを選ぶかも重要です。

フェミニンなアイテムとして活用するなら、 "ガールフレンド"とも呼ばれる、細身のボーイフレンドタイプがおすすめです。気持ち薄手の生地なら、より使いやすくなります。裾はロールアップし、足の甲が見えるパンプスタイプの靴や、華奢なデザインのヒールサンダルを合わせましょう。

ヒールは自分の楽な高さで問題ありませんが、コンパクトなトップスを合わせているなら、3〜5cmくらいの低めのヒールを。

丈のあるポリュームトップスなら、5〜7cmくらいの少し高めのヒールを合わせてあげると、バランスが取りやすいことが多いです。

同じく明るい色ホワイトデニムよりも、優しく、こなれた印象を作りやすいライトブルーのデニムパンツ。ぜひぜひワードローブに加えてみてください。

次回のおしゃれのおさらいは「白×白のコーディネート」について、ご期待ください。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#8 いつもカーディガンが手放せない人へ

#7 洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと

#6 カジュアルになりすぎない、大人のスニーカーコーデ術

#5 30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら

#4 注目色「ライトブルー」、大人ならこう着る

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?