1. Home
  2. STYLE
  3. 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ【おしゃれのおさらい】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

みなさんが愛用しているブルーデニムのパンツはどんな色ですか? カジュアルな印象の強い、色落ちしたライトブルーのデニムパンツ。履きこなすのは難しそう......と、敬遠している人はきっと多いですよね。でも、この明るいブルーのデニムパンツ、コーディネートをフェミニンな印象にしてくれる、なかなか優秀なアイテムでもあるんです。

柔らかく女性らしさを加えられる

たとえば、トップスがパステル系ピンクのニットのとき。ワンウォッシュなど濃い色のデニムパンツを合わせると、少しアクティブな印象にまとまります。もちろん、そのコーディネートもOK。なんの問題もないのですが、もう少しフェミニンに、優しい雰囲気にしたいな......というときは、色落ちした、ライトブルーのデニムパンツを合わせてみてください。全体的に淡いトーンになり、女性らしさがぐっと上がります。

ポイントは、足元に重めの色をプラスすること。デニムパンツと同じブルー系、ネイビーなどをあわせれば、コーディネートがぼんやりすることもありません。

逆に、濃い色、ワインレッドやオレンジなどのトップスのときも、ライトブルーのデニムパンツを合わせると、トップスの強さが弱まり、優しい印象になります。このとき足元は、デニムパンツ同様、明るい色のものを。強い色はトップスに任せ、ほかのアイテムは淡い色でまとめましょう。

フェミニンに履くならガールフレンドタイプを

もちろん、どういうデニムを選ぶかも重要です。

フェミニンなアイテムとして活用するなら、 "ガールフレンド"とも呼ばれる、細身のボーイフレンドタイプがおすすめです。気持ち薄手の生地なら、より使いやすくなります。裾はロールアップし、足の甲が見えるパンプスタイプの靴や、華奢なデザインのヒールサンダルを合わせましょう。

ヒールは自分の楽な高さで問題ありませんが、コンパクトなトップスを合わせているなら、3〜5cmくらいの低めのヒールを。

丈のあるポリュームトップスなら、5〜7cmくらいの少し高めのヒールを合わせてあげると、バランスが取りやすいことが多いです。

同じく明るい色ホワイトデニムよりも、優しく、こなれた印象を作りやすいライトブルーのデニムパンツ。ぜひぜひワードローブに加えてみてください。

次回のおしゃれのおさらいは「白×白のコーディネート」について、ご期待ください。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#8 いつもカーディガンが手放せない人へ

#7 洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと

#6 カジュアルになりすぎない、大人のスニーカーコーデ術

#5 30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら

#4 注目色「ライトブルー」、大人ならこう着る

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技