1. Home
  2. BODY
  3. デリケートゾーンのお手入れしていますか?

デリケートゾーンのお手入れしていますか?

1,552

片岡理森

デリケートゾーンのお手入れしていますか?

デリケートゾーンのお手入れしていますか?

これから温度が高く湿度が高くなってくると、もちろん下着の中も蒸れやすくなります。何もしないただ洗うだけという人も多い方と思いますが、間違ったケアを続けているとかゆみやかぶれなどトラブルにつながってしまうことも......。夏を迎える準備期間のいま、あわせてカサつきや黒ずみも解消しておきたいところです。今回は、デリケートゾーンのお手入れのヒントやアドバイスを過去記事からまとめてみました。

いつまでも美しいフランス女性が大切にする習慣

まずは、女性という「性」を大切にあつかう意識から。

持ち歩いてもはずかしくない。植物の力でデリケートゾーンをケア

スタイリッシュなデザインで、肌荒れが気になる顔や腕など全身にも使えます。

あの「かゆみ」の原因は、下着に残った洗剤にアリ!

下着の素材や摩擦具合にも気をつけた方がいいみたい。

あの不快感がなくなるかも。第3の生理用品スクーンカップ

かゆみや蒸れ、ナプキンが苦手ならカップも選択肢になる。

生理日の新しい選択肢。布みたいにやさしいナプキン

冷えにくく、気持ちがよいのが特徴です。

婦人科医が語る、プールのあとに気をつけたいこと

水泳が乾燥や感染症の原因になることもあります。

今年の夏こそデビュー。今注目のピュビケアって?

フェイスやボディ同様にムダ毛をお手入れしていますか?

友達やパートナーにはちょっと話しにくい、デリケートゾーンの悩み。気になる症状が出てしまったら、専門医に相談することが第一ではありますが、女性のために開発されたやさしい製品を試してケアしてみるのもひとつの手段だと思います。

photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由