1. Home
  2. BODY
  3. 腸活と自律神経がポイント。梅雨どきのなんだか「だるい」解消法

腸活と自律神経がポイント。梅雨どきのなんだか「だるい」解消法

腸活と自律神経がポイント。梅雨どきのなんだか「だるい」解消法

気温も湿度も上がり、体調をくずしやすいこの季節。なぜかいつもよりからだがだるく感じることってありませんか? じつは梅雨どきは、低気圧の影響で、交感神経が刺激されてからだが必要以上に緊張してしまうことが原因のようです。

また、からだのコンディションは腸内環境がキーワードともいわれています。

自律神経や腸内環境を整えて、じめじめした時期を快適にすごすために、日常で手軽にできるポイントについておさえておきましょう。

ポイント1. バスタイムはぬるめのお湯にゆっくりと

20160601_zespri_bath.jpg

梅雨どきにこわばりがちなからだをほぐすには、ぬるめのお湯にゆっくりつかること。1日の疲れや緊張したからだをほぐし、リラックスモードに切り替えてあげましょう。

「全身の血流を促し、新陳代謝を高める人の入浴は、疲労や冷え、むくみの解消だけでなく、便秘解消にもひと役かってくれます。ポイントは、38〜40度くらいのぬるめの湯に15分くらい、ゆっくりつかること。ゆったりとしたバスタイムを過ごすことで、深部体温がゆっくりと上昇し、副交感神経が優位になり、リラックス効果が高まります」

小林弘幸「腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく 読む便秘外来」169ページより引用

ラベンダーやオレンジ、ベルガモットなど、さわやかな香りのアロマオイルを数滴、入浴剤がわりに入れてもさらにリラックス度が高まりそうです。

ポイント2. 軽い運動をする

20160601_zespri_run.jpg

また、天気や気温が変わりやすい梅雨どきは、自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると、胃腸の働きがにぶって食欲が落ちたり、肩が凝ったり、夜ぐっすり眠れなかったり、といった不調がでることも。

自律神経を安定させるには、ウォーキング、ランニング、ヨガ、ピラティスなどの適度な有酸素運動が有効です。また、こうした有酸素運動は、腸に刺激を与え、スムーズなお通じにもつながります。

普段、運動をしない人なら、ウォーキングから始めてみませんか。ゆっくりと歩くことで副交感神経のレベルを高めることができるからです。ウォーキングのようなリズムを持った適度な有酸素運動ほど自律神経を安定させてくれる運動はありません。

小林弘幸「腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく 読む便秘外来」179ページより引用

ウォーキングなら、通勤時の駅までの道のりや休日にも気軽に取り入れらそうです。たとえば、最寄駅からひとつ前の駅で降りて家まで歩いたり、休日には、少し遠出してお気に入りのショップに買い物に行ったりするのもいいですね。

ポイント3. スーパーフルーツのキウイを使ったパワーサラダを食べる

運動や入浴に加えて、食事で内側からケアすることも大切です。いつもより食欲が落ちているなと感じるときは、さっぱりして食べやすく、今、もっとも注目されている栄養豊富なパワーサラダを取り入れましょう。パワーサラダは、ニューヨーク発祥の食事スタイルで、野菜やフルーツだけでなく、肉や魚、豆腐を入れたり、そのほか雑穀やナッツといったトッピングを加えたもの。栄養バランスのいいサラダとして、ブームになっています。

おすすめは、ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷりのキウイを使ったパワーサラダ。ベビーリーフやレタス、トマトといったサラダによく使う具材に、グリルしたチキン、そしてキウイを丸ごと1個使ったドレッシングをあわせた、見た目も美しく栄養満点のサラダです。これなら、不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維やたんぱく質をひと皿で手軽にとることができますよね。

20160601_zespri_salad.jpg

材料(2人分)

グリーンキウイ1個鶏もも肉1枚にんにく(すりおろし)1/2片オリーブオイル大さじ1塩・こしょう各少々ミニトマト5個レタス4枚ベビーリーフ適量ーキウイドレッシンググリーンキウイ1個フレンチドレッシング(市販)大さじ2塩・こしょう各少々

作り方

1:ビニール袋に鶏肉とにんにくすりおろし、オリーブオイル、塩・こしょうを入れてもみ、冷蔵庫にひと晩置く。2:ドレッシングを作る。グリーンキウイ1個は皮をむき、ミキサーにかけてつぶし、フレンチドレッシングと塩・こしょうを混ぜ合わせる。3:残りのグリーンキウイは一口大に、ミニトマトは半分に切り、レタスはちぎる。フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を熱し、1を中~弱火でカリッと焼いて、ひと口大に切る。

キウイがスーパーフルーツと呼ばれる理由

20160601_mlzespri_item.jpg

キウイは、ビタミンやカリウム、葉酸、食物繊維などの美容に嬉しい成分が小さな実にぎゅっとつまっています

また、キウイは栄養充足率がトップクラスの果物。抗酸化作用やアンチエイジング成分といわれるビタミンCやビタミンEを豊富に含みます。身近な果物のなかでは栄養が同レベルの果物はほかにはなく、また、身近で手に入る野菜でこれに匹敵する栄養があるのは、ブロッコリーとパプリカしかありません。

腸内フローラを整えてからだのなかから元気に

20160601_zespri_woman.jpg

特筆すべきは、キウイ特有の消化酵素アクチニジン。アクチニジンは、たんぱく質の分解を促進するはたらきがあり、上で紹介したパワーサラダのように、お肉との相性もぴったり。胃腸への負担が軽減されるともいわれています。

さらに、水溶性、不溶性の食物繊維が両方含まれているので、お通じをスムーズにし、腸内環境を整えることにつながります。

2016年4月にニュージーランドで世界16カ国、185名の有識者が集まっておこなわれたシンポジウムでは、キウイを食べることで腸内フローラが活性化し、からだの内側から健康になることが発表されています。

第2の脳といわれる腸は、しあわせホルモン「セロトニン」がつくられる場所。だからこそ、キウイをとって腸内環境を整えることが、梅雨のシーズンに元気にすごせることにつながるわけですね。

「梅雨だる」対策としてご紹介した運動、入浴、食生活のポイントはいかがでしたか?

なかでも食生活は、からだの内側からはたらきかける重要な部分。天然の栄養素をそのままとれるキウイ入りのパワーサラダ、ぜひ試してみてください。

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

スマートフォン用のアンケートページはこちら

ゼスプリ キウイフルーツ

商品撮影/江藤義典、文/庄司真美

photo by pixta

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由