1. Home
  2. MIND
  3. いつだって精油は味方。いまの体調にあうアロマはどれ?

いつだって精油は味方。いまの体調にあうアロマはどれ?

いつだって精油は味方。いまの体調にあうアロマはどれ?

毎日元気にいられたらいいけれど、女性のからだは気候の変化やゆらぎに敏感。さらに日々のちょっとしたストレスも積み重なるとついつい体調不良につながってしまうことも。なんだか変だな? と感じたら、焦らずひと休み。いつだって、やっぱり精油が頼りになります。

いまの体調にぴったりのアロマは? ぜひチェックしてみてください。

いま、どんな症状が気になる?

肩こり → ハーブの香りで血流アップ

スイート・マジョラム:ベースオイルと混ぜてマッサージを。血行よくし痛みを緩和してくれますよ。 ※妊娠初期の方は使用不可

足のむくみ → むくみを緩和してリフレッシュ

グレープフルーツ:リンパの流れを促し、むくみを緩和してくれます。塩やミルクと一緒にお風呂に入れて。

気持ちが沈みがち → 気持ちをあげる花の香りを味方に

イランイラン:華やかな香りで心を開放してくれます。芳香浴やベースオイルと混ぜてヘッドマッサージにもおすすめ。

体が冷える → 慣れ親しんだ爽やかな香りをお風呂に

オレンジ:全身に血液を巡らせ、手足までポカポカに。塩やミルクと合わせてお風呂へ。

眠れない → 懐かしさを感じる柑橘の香りでほっと一息

ベルガモット:目がさえてしまったときに、寝つきをよくしてくれるハッピーな香り。ティッシュに垂らして枕元に。

好きな香りとともに、心もからだもいつも心地よくを目指してケアしていきたいです。

参考書籍:堀岡幸恵「アロマ生活365日

あわせて読みたい

自然のリズムにあわせて心と体を美しく整える方法

いつだってハーブティーが味方。モヤモヤ不調を軽やかに晴れやかに

ふたつの香りを気軽に変えるアロマディフューザー

Photo by Thinkstock

(マイロハス編集部)

イランイラン:華やかな香りで心を開放してくれます。芳香浴やベースオイルと混ぜてヘッドマッサージにもおすすめ。

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?