1. Home
  2. MIND
  3. ネガティブな感情との付き合い方 前編【マインドフルネスでいまを生きる】

ネガティブな感情との付き合い方 前編【マインドフルネスでいまを生きる】

ネガティブな感情との付き合い方 前編【マインドフルネスでいまを生きる】

初夏の心地のいい陽気で外で過ごすのが気持ちいい日々です。家で過ごしていても、窓を開けて通り抜ける風の心地のいいこと。

さて、わたしの家の庭の前は児童館の館庭です。学校から帰って来た子どもたちが、目と鼻の先でドッヂボールをしたり、かけっこをしたりしています。子どもが大勢で遊んでいるわけで、その音量は相当なもの。窓を開けた状態でスカイプ会議をしたところ、相手から「周りがうるさくて声が全然聞こえない」と言われたこともあります。はい、うるさいかうるさくないか、と言われたらうるさいです(笑)。こんなふうに子どもの声をうるさい、と言うことに対してはいろいろな意見が出てくるかもしれませんね。

でも、その音量をうるさいとみなすこと(「うるさい」というラベルを貼るというジャッジ)は止められることではありません。それなのに、そういう「ネガティブっぽいこと」については、思ったり考えたりしてはいけない、と自分に自分で規制をかけて、なかったことにしがち。あるいは、そんなことを思っちゃう自分てダメだ、器が小さい、心が狭い、とか自分を責めてみたり?

「ネガティブ」な感情やジャッジをわざわざ声に出して言う必要はないかもしれませんが、感じたことに蓋をすることもありません。さらには、感じたことに対して、なかったことにしようとしたり、自分を責めたりしたとしても別にいいわけです。ただ、そういうことが自分の中で起きているな、と認知します。これが、マインドフルネスです。

マインドフルネスで心が穏やかになる、かもしれませんが、ならないかもしれません。結果は問題ではないのです(というか結果はコントロールできません)。ただ、今ここで起きていることを、そのまま認知する。それだけです。そうは言っても「ネガティブ」な感情を認知することは居心地の悪いことかもしれませんね。後編では「ネガティブ」な感情との付き合い方をもう少し考えてみます。

今日の一枚:

嫌なことは嫌、がはっきりしているのが猫。これが嫌い、なんて言ったら嫌われちゃうかも、これが嫌いなんてわたしって器が小さいわ......なんて考えていないのでしょう。

>>明日の後編に続く

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧

疲れちゃったときには 前編後編

人間関係のトリセツ 前編後編

ありがとうを言わない練習 前編後編

松永真美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    ネガティブな感情との付き合い方 前編【マインドフルネスでいまを生きる】

    FBからも最新情報をお届けします。