1. Home
  2. EAT
  3. 低温圧搾でしぼり出す。 ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(2)

低温圧搾でしぼり出す。 ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(2)

1,700

米田ロコ

低温圧搾でしぼり出す。 ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(2)

ココナッツの実がすっかりこまかくなりました!

10年ほど前、友人のアテンドで初めて訪れたインドネシアにあるロンボク島。ロンボク島のローカルライフに興味津々だった私が体験してみたかったのが「ココナッツオイル作り」です。

ローカルの友人であるラスターとそのファミリーのあたたかい協力のもと、はじめてのココナッツオイル作りを体験させてもらうことになりました。

ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(1)に続き、今回はココナッツオイルをしぼり出す作業からレポートします。

みんなで交代しながら共同作業

20160524_coconutoil2_1.jpg

ココナッツウォーターをすっかり飲み干した後は、ココナッツを水で洗い、手で大雑把に砕いていきます。そしてラスターが何やらゴソゴソと道具を持ち出してきました。出てきたのは、ローカルマーケットで購入したという、ハンドメイドのおろし板。

20160524_coconutoil2_2.jpg

板についている針は釘のように太く、触れると痛そうですが(笑)、これを使いココナッツの内側にある硬く白い果実(層状に形成されている固形胚乳と言われる部分)をすりおろしていきます。

20150524_coconutoil2_3.jpg

時間も手間もかかる作業なので、ここはみんなで交代しながら、おしゃべりしながらの共同作業。結婚式などのお祝い事がある際は、200個くらいのココナッツをみんなで削るそうで、こういった時間が彼らが家族や周囲の人びととのコミュニケーションの深める時間になっているのだと思います。

20160524_coconutoil2_4.jpg
ココナッツの実がすっかりこまかくなりました!

20160524_coconutoil2_5.jpg

低温圧搾でココナッツオイルをしぼり出す

その後、すりおろしたココナッツは水を張ったタライに入れて、果肉を洗うようにして揉み、水分をしぼります。この低温圧搾という方法は、ココナッツオイルの栄養成分を損なわずにオイルを作るための重要な作業です。

20160524_coconutoil2_6.jpg

水分をしぼりきった後、すりおろしたココナッツの果実は別の容器へ。これはお料理に使うそうです。

20160524_coconutoil2_7.jpg

このたらいに残った白い液体が、ココナッツミルクです。ここからココナッツオイルが抽出できるのです! でも、まだまだココナッツオイルができるまでの道のりは長かった......。

>>明日のレポート(3)に続く

All Photo by Masashi Yoneda All Rights Reserved.

あわせて読みたい

こんなに手間がかかるなんて! ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(1)

ココナッツシュガーって、本当にカラダにいいの?

オイルだけじゃない。ココナッツの恵みをもっと楽しむ方法

ローフード、ヴィーガン、作り立て...すぐ食べたいこだわりアイス4選

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた