1. Home
  2. EAT
  3. 和風グラノーラが朝食にぴったりな理由

和風グラノーラが朝食にぴったりな理由

和風グラノーラが朝食にぴったりな理由

お手軽でヘルシーな朝食としてグラノーラが人気ですが、ひと手間プラスした和風グラノーラがさらにおすすめなんです。

和風グラノーラは女性のからだの味方

一般的なグラノーラは、麦や玄米、とうもろこしなどの穀物と、味付けとなるココナッツ、はちみつ、メープルシロップなどが使われていますが、それに和風の食材を加えたのが和風グラノーラ。たとえば、豆類、ごま、きなこなど。これらは穀物との相性が良く、また、糖質に偏りがちなグラノーラにたんぱく源が入ることで、栄養バランスもよくなります。とくにタンパク質は、代謝を上げるために必要な栄養素なので、朝から積極的に摂り入れたい食材です。豆類には女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンが含まれているので、女性の美容と健康力アップにも期待できます。

いつものグラノーラに和素材をプラス

作り方はとっても簡単。普段食べているグラノーラに和の食材を加えるだけ。豆類(煮豆、甘納豆、フリーズドライ豆)、ごま、きなこ、ひえ、アワ、抹茶パウダー、干し芋など好きな食材を混ぜ、ヨーグルトや牛乳、豆乳などで混ぜれば出来あがり。その時々の気分に合わせていろいろな組み合わせにトライすると新しい発見もあり朝食がさらに楽しくなります。

いま気になるのが大豆グラノーラ

手作りがちょっと面倒、という人はスーパーや通販で手軽に買えるものもいろいろ。日清食品の「ごろっとグラノーラ 充実大豆」は、大豆、黒大豆、青大豆、きなこ豆乳、と豆づくし! イソフラボンも食物繊維も豊富なのがうれしいです。

レシピサイトでも和風グラノーラのレシピは人気のようです。いろんな食材をプラスしたり、牛乳を豆乳に、ヨーグルトを豆乳ヨーグルトに、ハチミツを黒みつに......など、思いつくままチャレンジしてみたくなりました。

ライスアイランド,日清

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?