1. Home
  2. EAT
  3. 新たなブームになりそう! ヘルシー丼ぶり #buddhabowl

新たなブームになりそう! ヘルシー丼ぶり #buddhabowl

新たなブームになりそう! ヘルシー丼ぶり #buddhabowl

食のニュー・ウェーブ「ブッダ・ボウル」。

インスタグラムで #buddhabowl と検索すると、ヒット数は何と2万件近くにも上り、写真をメインに人気が急増、真似する人たちが世界中で見られます。

ブッダ・ボウルって?

乱暴にカテゴライズするならば、低カロリーの「ヘルシー・丼ぶりご飯」のようなブッダ・ボウル。

写真を見てわかるように、数多くの野菜・お肉・ごはんや麺をひとつのボールにきれいにデコレーションし、ソースやトッピングを添えていちどにいただくことを目的としています。

野菜の切り方にこだわったり、レインボーのような色どりを表現したりと、おしゃれな見た目と繊細な創作力には驚かされます。

ただお腹いっぱいになるための食事ではなく、自分の口に入れるものにも愛情をこめていただけるように工夫をするという考え方。そして美しい盛り付けにより、おいしさが一層アップするという事実が、しいては現在の世界中のBENTOブームにまで火をつけたのかもしれません。

根底には「クリーン・イーティング」

ブッダ・ボウルの人気の秘密は見た目だけにとどまりません。

ヨガ人気から派生した「クリーン・イーティング」の考え方を根底にもち、新鮮な原材料をつかってコントラスト(熱い・冷たい、生・火を通す、等)を楽しむという考え方があるのではないでしょうか。

コリアンダーやしょうがなどの香りの強いものや食材を薬膳のように取り入れ、極力調味料を少なくする。柔らかいものと噛み応えのあるものを組み合わせることで、食感を楽しむ。

そんなコントラストがひとつのボウルのなかで不思議な世界観を表現しているかのようです。興味深いことに、色にこだわると栄養素もおのずとアップ。炭水化物とプロテインが豊富となり、栄養価も高くなります。

朝食に「ブッダ・ボウル」をいただく人もいて、温かいキヌアに合わせて色鮮やかなフルーツヨーグルトとアーモンドなどのナッツ類の画像が見られます。

また最近ではさらに進化が進み、「スムージー・ボウル」にソテーしたリンゴ、チアなどを組み合わせたりしても、とてもおいしいようです。

私もさっそく「ブッダ・ボウル」を試してみたいと思います。

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    新たなブームになりそう! ヘルシー丼ぶり #buddhabowl

    FBからも最新情報をお届けします。