1. Home
  2. EAT
  3. 七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

02_台北の寶蔵巌藝術村で見つけた朝顔。

紫、といえばこの時期に気になるのは「紫外線」。雨上がりに見える虹のアーチの七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)、さらにそのさき紫の外側にある光。

20160513_purple1.jpg

02_台北の寶蔵巌藝術村で見つけた朝顔。

日焼け止めを塗って、日傘を差して、サングラスを掛けて。季節を問わずにUV(Ultra Violet)いう目に見えない光を「寄って来ないで! 」と遠ざけていますが、何事も一長一短。紫外線のよいところはないのでしょうか。

20160513_purple3.jpg

03_藤の花を見に亀戸天神へ。

天気の良い日は、お布団を干すように、紫外線には殺菌や脱臭作用があります。そして、適度に紫外線を浴びると人の歯や骨の形成に必要なビタミンDの生成が促されます。ただの厄介者ではないようです。

20160513_purple4.jpg

04_花より団子。芋頭味のアイスキャンディーはきれいな藤色。

紫外線対策をしっかりしたうえで、心地よい陽射しを浴びに外へ出かけましょう。藤の花盛りに続いて、初夏のラベンダーが楽しみです。もちろんラベンダーソフトもいただきましょう。

あわせて読みたい

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)

甲田智恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

    FBからも最新情報をお届けします。