紫、といえばこの時期に気になるのは「紫外線」。雨上がりに見える虹のアーチの七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)、さらにそのさき紫の外側にある光。

20160513_purple1.jpg

02_台北の寶蔵巌藝術村で見つけた朝顔。

日焼け止めを塗って、日傘を差して、サングラスを掛けて。季節を問わずにUV(Ultra Violet)いう目に見えない光を「寄って来ないで! 」と遠ざけていますが、何事も一長一短。紫外線のよいところはないのでしょうか。

20160513_purple3.jpg

03_藤の花を見に亀戸天神へ。

天気の良い日は、お布団を干すように、紫外線には殺菌や脱臭作用があります。そして、適度に紫外線を浴びると人の歯や骨の形成に必要なビタミンDの生成が促されます。ただの厄介者ではないようです。

20160513_purple4.jpg

04_花より団子。芋頭味のアイスキャンディーはきれいな藤色。

紫外線対策をしっかりしたうえで、心地よい陽射しを浴びに外へ出かけましょう。藤の花盛りに続いて、初夏のラベンダーが楽しみです。もちろんラベンダーソフトもいただきましょう。

あわせて読みたい

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)