1. Home
  2. EAT
  3. 七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ

02_台北の寶蔵巌藝術村で見つけた朝顔。

紫、といえばこの時期に気になるのは「紫外線」。雨上がりに見える虹のアーチの七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)、さらにそのさき紫の外側にある光。

20160513_purple1.jpg

02_台北の寶蔵巌藝術村で見つけた朝顔。

日焼け止めを塗って、日傘を差して、サングラスを掛けて。季節を問わずにUV(Ultra Violet)いう目に見えない光を「寄って来ないで! 」と遠ざけていますが、何事も一長一短。紫外線のよいところはないのでしょうか。

20160513_purple3.jpg

03_藤の花を見に亀戸天神へ。

天気の良い日は、お布団を干すように、紫外線には殺菌や脱臭作用があります。そして、適度に紫外線を浴びると人の歯や骨の形成に必要なビタミンDの生成が促されます。ただの厄介者ではないようです。

20160513_purple4.jpg

04_花より団子。芋頭味のアイスキャンディーはきれいな藤色。

紫外線対策をしっかりしたうえで、心地よい陽射しを浴びに外へ出かけましょう。藤の花盛りに続いて、初夏のラベンダーが楽しみです。もちろんラベンダーソフトもいただきましょう。

あわせて読みたい

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

ふとした瞬間、青い色でリフレッシュする愉しみ

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(写真・文/甲田智恵)

甲田智恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン