MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. STYLE
  3. 東洋医学も取り入れる。妊婦に人気の鍼【ドイツでママになる】

東洋医学も取り入れる。妊婦に人気の鍼【ドイツでママになる】

東洋医学も取り入れる。妊婦に人気の鍼【ドイツでママになる】

ドイツでは出産予定日の4週間前、つまり臨月に入ったあたりから妊婦向けの「Akupunktur (鍼治療)」の受診が可能です。これ、お産を軽くする・お産にかかる時間を短縮できる(可能性がある)と言われていて、こちらではとても一般的。出産設備のある病院では鍼も扱っていることが多く、マイ助産師が資格を持っていれば助産師から直接施術を受けることもあります。加入している保険にもよりますが、この費用も通常保険でカバーされます(全額または一部)。

ドイツで人生初の鍼体験

私もこの鍼治療、前回の妊娠時に受けました。東洋医学だし、日本人の私には合うはずだ! と信じて。まあ、「ちょっとでもラクになれるのなら」というか、藁にもすがる思いというか、願掛けというか......。日本でも鍼の経験はなかったので、好奇心もありました。36週を過ぎたあたりから1回目の施術を開始し、出産まで週1回のペースで続けました。

施術を受けたのはかかりつけ婦人科クリニック。私の場合はラッキーなことに、主治医が「Traditionelle Chinesische Medizin(東洋医学)」という看板も掲げていたため、健診のついでに受けることができました。毎回うつ針はわずか5本程度、約30分間の施術です。動くなと言われるので本読んだりゴソゴソしたりはできません。

受けた実感としては、「思ったより痛い!!」。うつ針すべてが痛いわけではなく、眠くなるような心地良さもあるのですが、ずーんとした、なんだか重いような、鈍い痛みを感じるポイントもありました。

必ず効果があるとは、もちろん言えない

気になる効果のほどですが、私の前回の出産はかなりの長丁場、決して「するり」と安産ではなかったので、絶対効果がある!とは正直言えません。また、科学的根拠があるわけではないので、結局は気持ちの持ちようかなぁと思います。たとえば、比較的安産で出産を終えられれば効果があったと言えるだろうし、そうでなくても、鍼を受けなければもっと難産になっていたかも、と鍼の効果を前向きに捉えることはできると思うので。

母乳の出をよくする施術も

ところで、私の知人のひとりは予定帝王切開で出産をしたのですが、彼女も分娩予定日以前に鍼治療を数回にわたって受けたそう。ただし、「お産を軽くする」ほうの鍼ではなく、「母乳の出をよくする」鍼をメインの施術をお願いしたとか。おかげで術後すぐから問題なく母乳育児をスタートできたそうです。

鍼という東洋医学が、日本よりもここドイツでたくさんの妊婦さんたちに支持されている、というのはなんとも変な感じがしますが、もともとハーブやホメオパシーを使った治療が広く受け入れられているドイツ。自然なもの、体への負担がすくないもの、という観点でみれば鍼がポピュラーになったのもなんとなくわかる気がします。

image via shutterstock

Writing by山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    東洋医学も取り入れる。妊婦に人気の鍼【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。