1. Home
  2. EAT
  3. 5月7日新月は内面を見つめる。22日満月は余裕をもった行動を【月のリズムで暮らすヒント】

5月7日新月は内面を見つめる。22日満月は余裕をもった行動を【月のリズムで暮らすヒント】

松浦松子

5月7日新月は内面を見つめる。22日満月は余裕をもった行動を【月のリズムで暮らすヒント】

約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは、人間や動植物のリズムと深い関係があります。

日によって形が変化する月は、"不安定さ"や"感情のゆらぎ"の象徴として用いられることがあります。女性はホルモンによって気分の変動を受けやすいですが、月の満ち欠けは生物に少なからず影響を及ぼします。

つまり月の影響による感情の変化を知っていれば、効率的なスケジューリングや感情のマネジメントなど、自分の生活にうまく利用することができるということ。

おすすめなのは、手帳や日記に「怒りっぽかった」「穏やかに過ごせた」など、その日一日の感情メモを記しておくこと。これを数サイクル続けると自分のバイオリズムが見えてきますよ。

【5月7日 新月】一人で過ごし、自分の内面を見つめなおす

160426note.jpg

新しい物事に対して意欲的になる新月は、学びや遊びの計画を立てる、新月の願い事を書くなど、紙に書き出して自分の気持ちを整理するとよいでしょう。

また、『新月&満月のリズムで夢を叶える』(ヴィレッジブックス)によると、一人で過ごす時間を意識的につくるといいそうです。

新月とはその名の通り、何か新しいことが始まることを暗示しています。計画を立てたり、新しいことに挑戦したり、新しい方法で物事に取り組んだりするのに適した時期です。もちろん願いごとを唱えるのにも最もふさわしい期間です。新たな誓いを立てて実行してください。またアイデアが直感的にひらめくかもしれません。"不思議な予感"は特に価値があります。一人で過ごす時間を大切にしましょう。

『新月&満月のリズムで夢を叶える』(ヴィレッジブックス)より引用

また、瞑想をするのもおすすめ。自分自身を見つめる浄化・リセットの日を定期的につくることで、天体のリズムとの調和が図れます。新月の日以降は、徐々に行動的な気分になれそうです。

【5月22日 満月】感情の起伏に注意。リラックスして過ごす

160426relax_woman.jpg

自分の感情がコントロールしづらくなる満月の日には、重要な予定を入れない方がよいでしょう。無用な争いや疲労を避けられます。

満月の日に興奮しやすいのはまわりの人も同様。「いつもは穏やかな人が今日はなんだか怒りっぽい」。それはあなたのせいではなく、満月の影響かもしれません。

新月に始まった計画事が頂点に達します。よくも悪くも、結果がはっきり表れてきます。新月で思いついたアイデアに勝算がありそうなら、さらに前進しましょう。ただし満月には増幅作用があり、潜在していた問題も表面化しやすいので気をつけてください。(中略)一般的にいって満月の日は、気分が高揚し喜怒哀楽がいつもより激しくなります。衝動的になりやすく、自己コントロールが難しい時期です。

『新月&満月のリズムで夢を叶える』(ヴィレッジブックス)より引用

満月の日は、自分だけでなく外的要因によるトラブルも頭に入れて行動を。揉め事に巻き込まれる可能性が高いとも思われるからです。

たとえば、予定より1本早い電車に乗る、会議の予定を入れない、パートナーとの喧嘩に注意する、お酒を飲み過ぎない、余計な一言を言わない......など。この時期はリラックスして静かに過ごすように心がけましょう。

Top image,notebook,hammock via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?