1. Home
  2. STYLE
  3. 「30代は楽しい!」前向きに生きるために、できること

「30代は楽しい!」前向きに生きるために、できること

「30代は楽しい!」前向きに生きるために、できること

女性の30代は、結婚をしたり、子どもが生まれたり、責任ある仕事を任されたりと、それぞれがそれぞれのステージで岐路に立たされることが多くなります。まさに転機のときであり、これまでの経験や努力がどんどんと実を結び、人生における「第二の芽生えの時期」と言ってもいいかもしれません。

そんな「人生の転換期」を経験すると、人はどのように変化するのか、とても興味深いと思いませんか?

30代を迎えて、私たちが変わったこと

160415_tsugumi_01.jpg人生が大きく変わり始めたとき、女性たちにはどのような心境の変化が訪れるのでしょう。そこで、身近な30代女性たちの声に耳を傾けてみました。

  • ―30代になって訪れた心境の変化を教えてください
  • ・「仕事では、若いころより責任やプレッシャーが増えたのに、不思議と20代のときに感じていた不安や葛藤がなくなった。働くことが楽しくなった」
  • ・「他人の顔色をうかがったり、無理して周りに合わせたりすることをやめたら、気持ちがすごく楽になった。いい意味で図太くなったと思う」
  • ・「20代のころは他人の言葉を必要以上に気にしていたけれど、いまは人の言葉でいちいち怒ったり困惑したりしない。スルー力が身について、ちょっとのことでは動じなくなった」
  • ・「20代のうちに結婚しなきゃというプレッシャーから解放されて、開き直ることができた」
  • ・「結婚、出産。ひと通りのことを経験してルーティン化。人生のエコモードに突入して、効率良く生きられるようになった」

女性たちの声を聞いてまず驚いたのが、ネガティブな要素が一切ないこと。それはきっと、10代20代のころに味わった痛みや苦い経験を肥やしにして、しっかりと成長してきた証。ちゃんと前を向いて生きてきたからこそ、「30代は楽しい」と胸を張って言えるのですね。

美しく実る、女性のためのコスメ

160415tsugumi_img_02.jpg

そんな風にポジティブに生きる30代の女性の気持ちを後押ししてくれるコスメがあります。その名は「つぐみ」。変化を美しさの分岐点ととらえ、華麗に咲き、美しく実る女性におくる、早期エイジングケア(※1)ブランドです。年齢を重ねても、心も肌も前向きでいたいと願う女性のためつくられたのだそう。

果実のめぐみがたっぷり

もちろん成分にも確固たるこだわりが。「つぐみ」には、4つの自然の力がそなわっています。

ひとつめは、みずみずしい果実の力。ベビーアップル、キイチゴ、ザクロといった実りのエキスをたっぷりと配合。使用している果実はなんと12種類もあります。たくさんの果実がもたらす自然の恵みが、潤いあふれる肌をかなえてくれます。

160415tsugumi_img_01_edited-1.jpg

ふたつめは、変化をはじめた肌をサポートする豆乳の力。豆乳には、美肌作りの味方といえる「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。濃厚豆乳(※2)が肌のハリやキメを整え、プルンとはずむ肌へと導きます。

3つめは、さまざまな肌悩みをケアしてくれる発酵の力。濃厚酵母エキス(※3)・ローヤルゼリー発酵エキス(※4)・善玉菌エキス(※5)という3種類の発酵成分が、ハリと弾力のある肌作りをサポート。

4つめは、美肌づくりに欠かせないビタミンC。乾燥やハリ不足といった幅広い肌悩みをカバーしてくれるビタミンCですが、成分が壊れやすいのも事実。そのビタミンCが肌の角質層のすみずみまで届くよう成分を安定化(※6)させているので、ビタミンCの力が存分に発揮される仕組みになっています。

美肌への芽生えを感じるコスメ

とはいえ、酸いも甘いも噛み分けてきた30代女性がコスメに求めるものは、「自分の肌をいかにきれいに見せてくれるか」。いくらナチュラルな成分であっても、求める効果を得られないと満足できません。そこでさっそく「つぐみ」を使ってみました。

160418tsugumi_01.jpg化粧水、美容液、クリームというラインナップからもわかるように、「つぐみ」はとことんシンプルです。まず、水のように軽いテクスチャーの化粧水をしっかりとハンドプレスしながらなじませます。

つぎに、ジェル状の美容液を。こちらもさっぱりとした感触で、すーっと角質層まで浸透。なじませた後の肌はツヤっとした輝きに満ちています。最後のクリームは、けっして重くないのに、肌に乗せるとピタッと密着。化粧水と美溶液で与えた潤いを逃さないよう、しっかりふたをしてくれます。

ひとつひとつはとてもシンプルな使用感なのですが、3つをすべて使うことで、潤いやツヤ、ハリ弾力といった、30代だからこそほしい肌力をサポートしてくれます。「つぐみ」を使うことで、美肌への芽生えを感じることができました。

160415tsugumi_img_03.jpg自分の人生に自信を持ち、毎日を謳歌している30代の女性たち。新しいコスメで肌への自信もつけば、年齢を重ねるのがさらに楽しくなりそうです。

  • ※1 年齢に応じたケアのこと
  • ※2 豆乳発酵液(保湿成分)
  • ※3 サッカロミセス溶解質エキス(保湿成分)
  • ※4 乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液(保湿成分)
  • ※5 ビフィズス菌培養溶解質(保湿成分)
  • ※6 ヒアルロン酸アスコルビルプロピル(保湿成分)

[つぐみ]

top image via shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    「30代は楽しい!」前向きに生きるために、できること

    FBからも最新情報をお届けします。