1. Home
  2. EAT
  3. こんなに手間がかかるなんて! ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(1)

こんなに手間がかかるなんて! ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(1)

1,265

米田ロコ

こんなに手間がかかるなんて! ココナッツオイルの伝統的な作り方レポート(1)

10年ほど前、友人のアテンドで初めて訪れたのが、インドネシアにあるロンボク島でした。当初はサーフィンのために通っていましたが、最近ではサーフィンよりもロンボク島のローカルライフに興味津々。

そして、今回の旅でどうしてもチャレンジしたかったことが、「ココナッツオイル作り」。ココナッツオイルというものがどのように作られているのか、自分の目で確かめてみたいと日々感じていたからです。

20160523_coconutoil1.jpg

ロンボク島の至るところに生い茂るココナッツの木。ローカルたちがココナッツを生活のあらゆる場面に活用しているということは知っていました。

「ココナッツオイルは、どうやって作るの? 伝統的な方法を教えて」という問いに、「一緒に作ろう」とこたえてくれたのは、ローカルの友人・ラスター。ココナッツオイルが手作りできるなんて! と胸は高鳴ります。かくして、気さくでホスピタル精神に溢れた彼のファミリーの協力のもと、ココナッツオイル作りをすることになりました。

木登りでココナッツを収穫

20160523_coconutoil2.jpg

まずはココナッツを手に入れなければなりません。およそ7~8mほどはある自生するココナッツの木に、少年が木登りをしてココナッツの実をおとします。ココナッツの実(種子)には、ヤングとオールドがあり、ココナッツオイル作りにはオールドココナッツを使います

ココナッツの皮をむくのは至難の業

20160523_coconutoil3.jpg

とったココナッツのぶ厚い外皮をはいでいきます。ココナッツの数が少ないときはナタで厚い外皮をとりますが、数が多いときは効率よく外皮をはいでいけるように、彼らは身の周りにある用具を工夫して使います。(今回は杭のような太い鉄の棒を使って)「コレ、デキルカナ? タブンデキル、カンターン」とラスターが言うものの、コツと力のいる作業です。

20160523_coconutoil4.jpg

外皮を剥いだ後は、ナイフ(と言ってもナタにしか見えなかった! )で薄い殻を丁寧にとっていきます。これも熟練の技がいる作業。力加減を間違うと、ココナッツが簡単に割れてしまい、この中にあるココナッツウォーターがこぼれてしまうのです。

20160523_coconutoil5.jpg

ラスター、ナイフを使って上手にココナッツを丸裸に。「コレ、ローカル ミンナ デキル。カンターン!」「デモ、タブン アナタ ムズカシイ。」とラスターが言うので、トライしてみると......。ココナッツはあっさり割れて、ココナッツウォーターが流れ出てしまうという事態に! それでも笑って、「グッド・メモリー」と言ってくれる、彼らの心のあたたかさに和むのです。

20160523_coconutoil6.jpg

華麗なるナイフ使いで、薄い殻をとった後は、さぁ、ココナッツウォーターをいただきます。天然のココナッツウォーターは、ココナッツ一つ一つに味も風味も個性があり、市販されているものとは別格。自然界のものは一つとして同じものがないことが当たり前なのだと、思い出させられるのです。

20160523_coconutoil7.jpg

ココナッツウォーターは、ローカルにとっては大切な天然飲料でもあるので、彼らは無駄にしません。飲みきれない分は、ペットボトルに入れて保存しておきます。

そして次は、ココナッツオイルを絞り出す作業に入ります。

>>明日のレポート(2)に続く

All Photo by Masashi Yoneda All Rights Reserved.

あわせて読みたい

ココナッツシュガーって、本当にカラダにいいの?

オイルだけじゃない。ココナッツの恵みをもっと楽しむ方法

ローフード、ヴィーガン、作り立て...すぐ食べたいこだわりアイス4選

あまりがちな「ココナッツオイル」の活用法

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた