MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 熊本からやってきた筍【根本きこの島ごはん】

熊本からやってきた筍【根本きこの島ごはん】

根本きこの島ごはん

熊本からやってきた筍【根本きこの島ごはん】

友人からのお裾分けは、熊本から送られてきた筍だった。

小ぶりながらも、頑強な皮で覆われている。その皮はまるで獣を彷彿させるような産毛がびっしりとはえていて、撫でるとビロードのようにしっとりしていた。根元には新鮮な湿り気のある土がまぶされていて、掘って間もないであることを証明している。

友人は、「友だちの知り合いが熊本の地震に遭って、いてもたってもいられなくなって、裏山で掘りまくった筍なんだって」と言いながら、「じゃ、また!」と颯爽と去っていった。

その捨て台詞の意味を考えながら、わたしは玄関先で新聞紙の包みを抱えたまま、しばらく立ち尽くしてしまった。本来ならば、沖縄に住むわたしのほうが、熊本に何か送らなければならないところなのに......。でも、それよりも、「いてもたってもいられなくなって筍を掘りまくる」という行動に、おおきな衝撃を受けた。すごく動物的というか本能というか。

わたしだったら、大地震後にそんな行動に出れるだろうか。まじまじとその筍を見つめて、あらためて「分け合う」ということについて考えた。

時代は縄文から弥生へ。これまでに縄文人の骨は4000~5000体ほど見つかっているという。そのなかで、明らかに殺されたと見られる骨はわずか10体ほど。それが弥生になると1000体中100体が他殺らしい。

それはどういうことかというと、弥生に入り稲などの穀物の生産が大量に行われるようになると、人々は余分な量の食料を得ることが可能になる。しかし、その食料を巡って争いが起きる。所有する者とそれを奪う者という二分化が起きたことが、こうした歴史から分かる。

縄文は、狩猟採集などによって(多少は稲作も行われていたらしいけれど)みんなが等しく食べ物を分け合っていたので、こうした争いの跡はほとんど見られないという。

このエピソードで思い出すのは、キューバだ。当時アメリカから経済封鎖を受け、ソ連からの援助もストップしたキューバは、国として最大の窮地に立たされた。

自給率40%というキューバにおいて、このまま他国からの輸入がなければ国民が餓死してしまう。困窮した政府および国民はありとあらゆる空き地を農園にして、種をそこいらじゅうにまきまくる、という行動(政策)に出る。もちろん農薬や化学肥料の類もいっさい手に入らないので、野菜はおのずと無農薬の有機農法。

その結果、キューバの自給率はみるみる上昇し、一気に倍以上の数字になる。そんな過去の経緯あって、今ではキューバは世界有数の有機農業国家になっている。社会主義国だから可能だったのか? もちろんそれも大きな資質ではあるに違いない。

持っているものと持っていないもの。この「差」は資本主義においては仕方のないことなのだろうか。

食べ物に限らず、お金や学歴、そして情報すら、そういった「差」に左右される。ときに「差」は、競争を生み、そして消費され、最後には経済のブラックホールに飲み込まれていく。

「ひとつのパンを分け与えよ」、とキリストは言った。

筍は、もちろんパンでない。季節ともなれば、竹林のあちこちに生えている山の恵みだ。

この1本の熊本の筍は、メッセンジャーのようにだいじなことを教えてくれているように思う。

160426takenokogohan2.jpg

この筍で、筍ごはんをこしらえ、それをしっかりと噛み締めながら、家族みんなで味わうことにしよう。

Writing by根本きこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    2. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    3. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    6. 「食べたら太る」から意識が変わった。Kellyボディを作るごはんの鉄則

    7. ウォーキング初心者が計画通りにより効果的に続けられる方法

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 糖質オフを失敗せず、効果的に取り入れるポイントとは?

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    熊本からやってきた筍【根本きこの島ごはん】

    FBからも最新情報をお届けします。