1. Home
  2. EAT
  3. 疲れた目をリフレッシュできるアイケアグッズ3選

疲れた目をリフレッシュできるアイケアグッズ3選

1,194

疲れた目をリフレッシュできるアイケアグッズ3選

日常的に使っているスマホやパソコン。目は相当疲れていませんか?

疲れ目は目元のハリを奪い、老化や肩こり、頭痛の原因にもなってしまいます。健康のためにも見た目のためにも、アイケアを始めてみましょう。

お気に入りのアロマで気分までリフレッシュ

パナソニック・目もとエステのなかの「ビューティタイプ」です。リズミカルなマッサージ機能だけでなく、アロマタブレットを使って香りを楽しむことができます。

スチームで目もとをあたためて保湿してくれるので、血行もよくなりハリが期待できます。そのまま眠ってしまうほどリラックスできるので、おやすみ前に使うと翌朝気分よく起きられそうです。

こめかみのマッサージで眼精疲労を改善

まるで人の手でマッサージしているかのような動き。「軽いタッチじゃ物足りない!」という人にぴったりの1品です。

こめかみまでマッサージしてくれるので、眼精疲労にかなり効果的。眼精疲労がなくなると目もとのクマの改善も期待できます。

またマッサージの振動が顔全体にも伝わり、顎のたるみまで効きそうとの声も

目にきく「ツボ」をピンポイントでマッサージ

目を覆わないのに目のリフレッシュが期待できる不思議な1品。目のツボである3点を効果的に刺激してくれるので、眼精疲労による肩こりや頭痛に早く効くことが期待できます。

目を覆わないのでメイクが崩れる心配もなく、旅先や移動中にも使えます。USBで電源をとることができるのも現代人にはうれしいポイント。

目の疲れをとることは結果的に美容へと繋がっていきます。美しさは健康であることが基本。目の疲れをとって、いつまでも若々しい目もとを維持していたいです。

image via Shutterstock

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 睡眠不足は「がん」につながる? 主治医がよく聞かれる6つの質問

    4. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

    5. ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

    1. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    2. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?