1. Home
  2. EAT
  3. 疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

松永真美

疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

でも、体を感じる余裕がないほど、なにもしたくないほど心身が疲れてきってぐったりしまうこともあります。そんなとき、どうするか? 私はもうすべてを放棄してしまいます。体の重さやだるさに降伏し、それをどうにかしようとすることも放棄。重いなあ、だるいなあ、めんどうくさいなあ。そんなものが自分にあることをただ認知します。受け入れることも、排除しようとすることもしません。

でも、しばらくするとこれじゃだめだ! という考えが働いたり、だるさが心地悪くなってきて、どうにかしよう、と考え始めます。でも「頭」は一度おいておき、歯磨きすらしないような「完全なダメ人間」をまっとうします。なぜなら、重さやだるさが苦しみのもとなのではなく、そこにある重さや苦しみを排除しようとすることが苦しみになるから。

そんなふうに、ただ重さとだるさを感じながら過ごしていると、あるとき「なんとかしなきゃ」ではなく、「体の軽さを感じて心地よくなりたいなあ」という欲求が出てきます。でもまだ、自分で自分に心地よさを感じさせられる元気がない......。そんなときは、迷わず人の手を借ります。自分でできないことは、人に頼む。これがいちばんです。私の場合は、プロに体のケアしてもらうことが、軽さと心地よさを得る確実な方法です。体が軽くなり、心地よさを感じると、心も連動します。ちょっと後押しをしてもらうことで、また自分の体の声を聴いて、心地よくいさせることができるようになります。

みなさんにもなにか、自分の心も体も心地よいと感じられる物事があると思います。それはなんでしょう? 「あれがいい」「これが悪い」という情報は世の中にたくさんありますが、誰が何を言おうが、大切なのは自分の体と心がどう感じるか、です。心も体もゆるんで、やさしい気持ちになれるような、そんな場所や物事。自分だけの処方箋を体とともに見つけるのも、またたのしいものです。

今日の1枚:

2カ月に1度のヘナパックに行ってきました。ヘナとたっぷりのハーブは、髪の毛だけでなく心も体もトータルに癒してくれます。ちなみにヘナはもともと治療用。子宮にもうれしい効果があります。>>karip

>>前編も読む

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由