1. Home
  2. EAT
  3. 疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

松永真美

疲れちゃったときには 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

でも、体を感じる余裕がないほど、なにもしたくないほど心身が疲れてきってぐったりしまうこともあります。そんなとき、どうするか? 私はもうすべてを放棄してしまいます。体の重さやだるさに降伏し、それをどうにかしようとすることも放棄。重いなあ、だるいなあ、めんどうくさいなあ。そんなものが自分にあることをただ認知します。受け入れることも、排除しようとすることもしません。

でも、しばらくするとこれじゃだめだ! という考えが働いたり、だるさが心地悪くなってきて、どうにかしよう、と考え始めます。でも「頭」は一度おいておき、歯磨きすらしないような「完全なダメ人間」をまっとうします。なぜなら、重さやだるさが苦しみのもとなのではなく、そこにある重さや苦しみを排除しようとすることが苦しみになるから。

そんなふうに、ただ重さとだるさを感じながら過ごしていると、あるとき「なんとかしなきゃ」ではなく、「体の軽さを感じて心地よくなりたいなあ」という欲求が出てきます。でもまだ、自分で自分に心地よさを感じさせられる元気がない......。そんなときは、迷わず人の手を借ります。自分でできないことは、人に頼む。これがいちばんです。私の場合は、プロに体のケアしてもらうことが、軽さと心地よさを得る確実な方法です。体が軽くなり、心地よさを感じると、心も連動します。ちょっと後押しをしてもらうことで、また自分の体の声を聴いて、心地よくいさせることができるようになります。

みなさんにもなにか、自分の心も体も心地よいと感じられる物事があると思います。それはなんでしょう? 「あれがいい」「これが悪い」という情報は世の中にたくさんありますが、誰が何を言おうが、大切なのは自分の体と心がどう感じるか、です。心も体もゆるんで、やさしい気持ちになれるような、そんな場所や物事。自分だけの処方箋を体とともに見つけるのも、またたのしいものです。

今日の1枚:

2カ月に1度のヘナパックに行ってきました。ヘナとたっぷりのハーブは、髪の毛だけでなく心も体もトータルに癒してくれます。ちなみにヘナはもともと治療用。子宮にもうれしい効果があります。>>karip

>>前編も読む

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら