1. Home
  2. STYLE
  3. 響かせ方を変えるだけ、3ステップで声美人になる

響かせ方を変えるだけ、3ステップで声美人になる

林 ゆり

響かせ方を変えるだけ、3ステップで声美人になる

聞きやすい声の人の話は聞いていて心地いいですよね。声は生まれ持ったものだからとあきらめてしまう人もいるようですが、声って自分でつくることができるんです。

声色を変えるのではなく、声の響かせ方を変えるだけで、自分の声が好きになれるかもしれません。

話すときは笑顔で

電話など、顔が見えない相手と話していて、「この人不機嫌そう」と感じたことはありませんか? じつは、表情は声にも影響します。目の前にいる人に話すときは、表情もみられるので人は気をつけますが、顔が見えないとなると無表情のまま話すことが多く、誤解を受けることも。気づかないうちに損をしているかもしれません。

また、なんとなく嫌味な話し方をする人だなと感じたら、口の開け方に大きく歪みがある可能性もあります。人間の顔は非対称なので、歪みはあるものですが、極端だと嫌味な人という印象を与えてしまいます。自分自身は、どう口を開いているかチェックして、3ステップで歪みを改善しましょう。

1. 鏡に向かって「い~~」といった時、左右どれくらい口角が上がるか

2. 非対称であれば、口角が上がっているほうに合わせ「い~~」という

3. もとに戻し、もう一度左右対称になるよう意識して発声する

非対称の場合、自分では片方の口角に力を入れることになりますが、見た目はバランスよく、口が開けられます。毎朝のチェックを習慣にすると、無意識でできるようになるので、会話のたびに気にすることもなくなります。私も歪みがありますが、毎朝、また日中気になった時に意識するだけで、かなり改善されました。

左右どちらかの歯を多く使って食事をしていると歪みが生じやすいので、両方使うことを意識するのもおすすめです。毎朝、鏡に向かって「い~~」の笑顔習慣で、好印象の口元をつくりましょう。

しっかり口を開くのがポイント

声がちいさいわけではないのに何度も聞き返される場合は、声がこもっているのかもしれません。声がストレートに相手に伝わったほうが、話も伝わりやすいので、気をつけたいですね。声がこもるのは、口の開け方がワイングラスタイプだから。ワイングラスは、香りを楽しむために、こもらせるよう口がちいさくなっています。口内から口を通って声が出るときも同じことがおこります。

そこで、マティーニなどのカクテルグラスのように、しっかり開くと、本来の声が外に出ます。きちんと発声すると、聞き返されることもなくなりますよ。声がこもると、聞き取りにくいからとの理由で、長時間の話は無意識に敬遠されがちです。

聞きやすい声はビジネスでもプライベートでも、交友関係が広がるきっかけづくりになるかもしれません。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析