1. Home
  2. EAT
  3. おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

現在世界の料理愛好家やスポーツ選手が夢中になっている「Zoodle(ズードル=ズッキーニのパスタ)」。別名「ベゲッティー(Vegetthi)」と呼ばれているものです。

野菜がパスタになりました

ベゲッティーとは、スライサーを使い、野菜をスパゲティーのようにスライスし、麺のように調理したもののこと。おいしいだけでなく、カロリーも控えられ、ダイエットにはもってこいのお料理です。

当初はスライスしやすく、かつ栄養価の高いズッキーニを使ったものが流行しましたが、現在はニンジンやその他の野菜を使ってレシピを考案する料理愛好家が増え続けています。

ヘルシーなのに満腹になる

ベジタリアンにとっても、おいしくて腹持ちのいい野菜料理の「幅」が広がると好評のよう。たとえばアボカドやナッツなど、女性の好きな素材を使ったペストを添えて楽しむのもおすすめです。

また、茹でずに冷たいままサラダとしていただくのも人気のよう。個人的にはパスタだけでなく、タイの麺料理「パッタイ」などアジア系の味付けにも適していて、辛口で食するのが最高です。

ピリ辛大根ベゲッティー

そこで、youtubeを参考に、私たちにも身近な大根を使ったヘルシーなレシピを紹介します。

大根ベゲッティーのレシピ

◆材料

大根 適量

(ソース)

マンゴー 1個

ズッキーニ 1本

トマト 1/2個

ネギ 適量

ショウガ 少量

ライムの搾り汁 1/2個分

(飾り付け用)

紫キャベツ・玉ねぎスライス・コリアンダー・ゆでブロッコリー 適量

赤トウガラシのみじん切り お好みで

◆作り方

1.大根をスライサーで切って麺を作る

2.ソースの材料をミキサーに入れ、ブレンドする

3.大根の麺の上にソースをかけ、飾りつけの野菜を散らす

youtubeより引用)

マンゴーとライムの甘酸っぱさを辛子がピリッとしめてくれ、思わず食が進みます。

たくさん食べられて、案外お腹持ちもいい。メインとサラダの両方がいちどにとれる、とっても満足感の得られるベゲッティーに、ますますはまってしまいそうです。

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン