1. Home
  2. EAT
  3. おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

現在世界の料理愛好家やスポーツ選手が夢中になっている「Zoodle(ズードル=ズッキーニのパスタ)」。別名「ベゲッティー(Vegetthi)」と呼ばれているものです。

野菜がパスタになりました

ベゲッティーとは、スライサーを使い、野菜をスパゲティーのようにスライスし、麺のように調理したもののこと。おいしいだけでなく、カロリーも控えられ、ダイエットにはもってこいのお料理です。

当初はスライスしやすく、かつ栄養価の高いズッキーニを使ったものが流行しましたが、現在はニンジンやその他の野菜を使ってレシピを考案する料理愛好家が増え続けています。

ヘルシーなのに満腹になる

ベジタリアンにとっても、おいしくて腹持ちのいい野菜料理の「幅」が広がると好評のよう。たとえばアボカドやナッツなど、女性の好きな素材を使ったペストを添えて楽しむのもおすすめです。

また、茹でずに冷たいままサラダとしていただくのも人気のよう。個人的にはパスタだけでなく、タイの麺料理「パッタイ」などアジア系の味付けにも適していて、辛口で食するのが最高です。

ピリ辛大根ベゲッティー

そこで、youtubeを参考に、私たちにも身近な大根を使ったヘルシーなレシピを紹介します。

大根ベゲッティーのレシピ

◆材料

大根 適量

(ソース)

マンゴー 1個

ズッキーニ 1本

トマト 1/2個

ネギ 適量

ショウガ 少量

ライムの搾り汁 1/2個分

(飾り付け用)

紫キャベツ・玉ねぎスライス・コリアンダー・ゆでブロッコリー 適量

赤トウガラシのみじん切り お好みで

◆作り方

1.大根をスライサーで切って麺を作る

2.ソースの材料をミキサーに入れ、ブレンドする

3.大根の麺の上にソースをかけ、飾りつけの野菜を散らす

youtubeより引用)

マンゴーとライムの甘酸っぱさを辛子がピリッとしめてくれ、思わず食が進みます。

たくさん食べられて、案外お腹持ちもいい。メインとサラダの両方がいちどにとれる、とっても満足感の得られるベゲッティーに、ますますはまってしまいそうです。

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    おなかいっぱい食べても平気。「ベゲッティー」って知ってる?

    FBからも最新情報をお届けします。