1. Home
  2. EAT
  3. 手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

1,195

マッツィテッリ福子

手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

イタリアは、ヨーロッパのなかでも特に豆類をたくさん食べる国だそう。何千年も前からレンズ豆やインゲン豆が栽培されていたのに加え、ローマ帝国時代にはシルクロードを伝ってインドやアラブ諸国の豆料理の影響も受けたようです。

日本で知られるイタリア料理にはあまり豆のイメージがありませんが、実際には家庭でもレストランでも豆料理はメジャーな存在です。

古代からあるスーパーフード

20160422_beans1.jpg

わが家でよく食べるのはインゲン豆、ヒヨコ豆、そしてレンズ豆。レンズ豆は、アメリカの健康専門誌で「世界5大健康食品」に選ばれたほど栄養価の高いスーパーフードです。たんぱく質やビタミン・ミネラルが豊富なのに、脂質はほとんど含みません。豆は良質なたんぱく源として肉類よりも手ごろで、さらに保存がきくのもいいところ。

またレンズ豆はちいさくて皮も薄いので、ほかの乾燥豆のように長時間水に浸けておく必要がないのです。手間も時間もかからず扱いやすい豆です。

今回のパスタ入りレンズ豆のスープも簡単。でも日本にはない味で、豆のほくほくとパスタのつるんとした食感のコントラストも楽しいです。私は初めて食べたときその滋味深さに感嘆し、まさに「栄養のあるものはおいしい」のだということを実感しました。一皿食べるとあらゆる栄養がチャージされて力が湧いてくるような気がする、お気に入りの料理です。

パスタ入りレンズ豆のスープ(7~8皿分)

20160422_beans2.jpg

【材料】

  • レンズ豆(乾燥) 500g
  • 水 2ℓ
  • タマネギ 1/4個
  • ニンニク 2片
  • プチトマト 2~3個
  • スパゲッティ 200~300g
  • 黒コショウ

【作り方】

1. タマネギ、ニンニクを細かく切る。圧力鍋にオリーブオイルをひいて炒める。

2. レンズ豆、水、みじん切りにしたプチトマト、塩、黒コショウを加えて20~30分煮込む。※普通の鍋で作る場合は、40~60分。

3. スパゲッティを手で3~4㎝の長さに折って鍋に加えて煮込み、柔らかくなればできあがり。

パスタはスパゲッティを折って短くするほか、ディタローニかトゥベッティといったショートパスタもよく使われます。手に入りやすい、お好みのものでOKです。かわいい形のパスタだと見た目にも楽しいですね。

[参考文献:論文『料理書からみた世界の豆料理の調理特性 ヨーロッパの豆料理』吉田真美著(豆類時報/日本特産農産物協会編)]

あわせて読みたい

#6素朴で芳醇、カラブリア流ブロッコリーのパスタ

#5いちごのティラミスで春のおもてなし

#4うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ

#3ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと