1. Home
  2. EAT
  3. 手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

1,209

マッツィテッリ福子

手ごろでヘルシー、レンズ豆のほくほくスープ【南イタリア美人レシピ】

イタリアは、ヨーロッパのなかでも特に豆類をたくさん食べる国だそう。何千年も前からレンズ豆やインゲン豆が栽培されていたのに加え、ローマ帝国時代にはシルクロードを伝ってインドやアラブ諸国の豆料理の影響も受けたようです。

日本で知られるイタリア料理にはあまり豆のイメージがありませんが、実際には家庭でもレストランでも豆料理はメジャーな存在です。

古代からあるスーパーフード

20160422_beans1.jpg

わが家でよく食べるのはインゲン豆、ヒヨコ豆、そしてレンズ豆。レンズ豆は、アメリカの健康専門誌で「世界5大健康食品」に選ばれたほど栄養価の高いスーパーフードです。たんぱく質やビタミン・ミネラルが豊富なのに、脂質はほとんど含みません。豆は良質なたんぱく源として肉類よりも手ごろで、さらに保存がきくのもいいところ。

またレンズ豆はちいさくて皮も薄いので、ほかの乾燥豆のように長時間水に浸けておく必要がないのです。手間も時間もかからず扱いやすい豆です。

今回のパスタ入りレンズ豆のスープも簡単。でも日本にはない味で、豆のほくほくとパスタのつるんとした食感のコントラストも楽しいです。私は初めて食べたときその滋味深さに感嘆し、まさに「栄養のあるものはおいしい」のだということを実感しました。一皿食べるとあらゆる栄養がチャージされて力が湧いてくるような気がする、お気に入りの料理です。

パスタ入りレンズ豆のスープ(7~8皿分)

20160422_beans2.jpg

【材料】

  • レンズ豆(乾燥) 500g
  • 水 2ℓ
  • タマネギ 1/4個
  • ニンニク 2片
  • プチトマト 2~3個
  • スパゲッティ 200~300g
  • 黒コショウ

【作り方】

1. タマネギ、ニンニクを細かく切る。圧力鍋にオリーブオイルをひいて炒める。

2. レンズ豆、水、みじん切りにしたプチトマト、塩、黒コショウを加えて20~30分煮込む。※普通の鍋で作る場合は、40~60分。

3. スパゲッティを手で3~4㎝の長さに折って鍋に加えて煮込み、柔らかくなればできあがり。

パスタはスパゲッティを折って短くするほか、ディタローニかトゥベッティといったショートパスタもよく使われます。手に入りやすい、お好みのものでOKです。かわいい形のパスタだと見た目にも楽しいですね。

[参考文献:論文『料理書からみた世界の豆料理の調理特性 ヨーロッパの豆料理』吉田真美著(豆類時報/日本特産農産物協会編)]

あわせて読みたい

#6素朴で芳醇、カラブリア流ブロッコリーのパスタ

#5いちごのティラミスで春のおもてなし

#4うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ

#3ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由