1. Home
  2. EAT
  3. 内容をぐんぐん吸収できるようになる読書のコツ

内容をぐんぐん吸収できるようになる読書のコツ

内容をぐんぐん吸収できるようになる読書のコツ

よく、知人から「この本面白いよ」と本を借りるのですが、自分が「読みたい」と思ったもの以外は、読後に内容を覚えていないことがよくあります。

読書の質を高める方法を探っていたところ、ライフハッカー[日本版]に、その解決法が掲載されていました。

新しい本を読むときは、自分が何を学びたいのか、それが自分の人生にどう影響するかもしれないのか、そして、なぜわざわざその本を読まなければならないのか、といったことを自分自身に問いかけてください。

(「時間をかけずに読書の質を高める3つのコツ」より引用)

大事なのは、自分の問題とその本に、どんな小さなことでもいいので関連を持たせることだそう。そうすることで、より多くが記憶に残るようになるのだとか。

また、好奇心を持って「これが知りたい」という欲求を持つことができれば、意識的に情報を本から吸収しようと、多くのことを学べるのようになるそうです。

最初のページから順番に読み進めようとせず、ざっと全体に目を通して内容を把握し、「自分はこの本からこれについて知りたい」という目的を持つことが、良質な読書につながりそうです。

image via Shutterstock

(マイロハス編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    内容をぐんぐん吸収できるようになる読書のコツ

    FBからも最新情報をお届けします。