1. Home
  2. STYLE
  3. 自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

北本祐子

自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

大人の女性ならば1枚は持っているし、持っているべきなのがブラックフォーマル。必要になる場面は突然やってくるものだけに、いま持っているものは必要にせまられて駆けこみで買ったという人も多いのでは?

日常的に着る服のようにトレンドが見えにくいブラックフォーマルについて、17ブランドを手掛ける「ラブリークィーン」のマーケティングを担当する遠藤浩一さんに選び方のポイントを聞きました。

シンプルなワンピースやスーツなどが主流

「ブラックフォーマルは黒だからといって、なんでもいいわけではありません。同じ黒のトーンでもブラックフォーマル向けに作られたものと、一般的なものでは深みが違います」

ブラックフォーマル用のものを買わないと、離れたところから見たときに一人だけ浮いて見えてしまうので要注意!

「ボタンは同じ布でくるまれたものか、光沢のないものが鉄則です。長さはひざ下丈、ジャケットは合掌したときに手首が出過ぎない袖丈のものが理想的ですね。形もさまざまですが、体のシルエットが強調されるデザインや、派手な装飾を避けた、シンプルなワンピースやスーツ、アンサンブルの着用がフォーマルとしてふさわしいとされています」

着回しができるものが主流

アンサンブルやスーツのメリットは、ジャケットやワンピースなど単体で手持ちのアイテムと組み合わせれば、普段の用途でも使えること。ワンピースも1枚で着ても美しく見えるように、ウエストラインをやや上にとって足長に見えるようにするなど、配慮されています。また、コサージュやパールを加えると、式典への出席などの場にも着回しができます。

パンツスタイルでもNGではありませんが、年配の方が寒さを意識して選ばれる以外は、あまり好まれないようです。

必ず後ろ姿をチェックする

ワンピースのシルエットだが、ひざ下丈となるとややゆったりめに作られていますが、よりスタイリッシュに見せたいならば、タイトスカートのタイプがおすすめ。

「自分ではなかなか気づけないのですが、ブラックフォーマルで最もほかの人から見られるのは後ろ姿です。受付にならんでいるとき、お焼香のとき......。試着時に後ろ姿のチェックは必ずしたほうがいいですね。フレアースカートは正座をする場面では楽です」

20160412_tisse4.jpg

「また、ブラックフォーマルは参列者として着用するだけでなく、お迎えする側としても着用します。裏方としてお手伝いをするなど、会場で動きやすいものであることも大切なポイントです」

この基本を押さえたら、一歩踏み込んだブラックフォーマル選びのスタートへ。

たとえばジャケットにパイピングのアクセントがついていたり、ボタンをリボンに変えられるもの、ボレロ風デザインも女性らしくてステキです。ワンピースではウエストラインにリボンのポイントがあるものや、襟元のレースが取り外しできるなんてものも。

マナーを守りながらの自分らしい1着探しが楽しめそうですね。

TISSE

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?