1. Home
  2. STYLE
  3. 自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

大人の女性ならば1枚は持っているし、持っているべきなのがブラックフォーマル。必要になる場面は突然やってくるものだけに、いま持っているものは必要にせまられて駆けこみで買ったという人も多いのでは?

日常的に着る服のようにトレンドが見えにくいブラックフォーマルについて、17ブランドを手掛ける「ラブリークィーン」のマーケティングを担当する遠藤浩一さんに選び方のポイントを聞きました。

シンプルなワンピースやスーツなどが主流

「ブラックフォーマルは黒だからといって、なんでもいいわけではありません。同じ黒のトーンでもブラックフォーマル向けに作られたものと、一般的なものでは深みが違います」

ブラックフォーマル用のものを買わないと、離れたところから見たときに一人だけ浮いて見えてしまうので要注意!

「ボタンは同じ布でくるまれたものか、光沢のないものが鉄則です。長さはひざ下丈、ジャケットは合掌したときに手首が出過ぎない袖丈のものが理想的ですね。形もさまざまですが、体のシルエットが強調されるデザインや、派手な装飾を避けた、シンプルなワンピースやスーツ、アンサンブルの着用がフォーマルとしてふさわしいとされています」

着回しができるものが主流

アンサンブルやスーツのメリットは、ジャケットやワンピースなど単体で手持ちのアイテムと組み合わせれば、普段の用途でも使えること。ワンピースも1枚で着ても美しく見えるように、ウエストラインをやや上にとって足長に見えるようにするなど、配慮されています。また、コサージュやパールを加えると、式典への出席などの場にも着回しができます。

パンツスタイルでもNGではありませんが、年配の方が寒さを意識して選ばれる以外は、あまり好まれないようです。

必ず後ろ姿をチェックする

ワンピースのシルエットだが、ひざ下丈となるとややゆったりめに作られていますが、よりスタイリッシュに見せたいならば、タイトスカートのタイプがおすすめ。

「自分ではなかなか気づけないのですが、ブラックフォーマルで最もほかの人から見られるのは後ろ姿です。受付にならんでいるとき、お焼香のとき......。試着時に後ろ姿のチェックは必ずしたほうがいいですね。フレアースカートは正座をする場面では楽です」

20160412_tisse4.jpg

「また、ブラックフォーマルは参列者として着用するだけでなく、お迎えする側としても着用します。裏方としてお手伝いをするなど、会場で動きやすいものであることも大切なポイントです」

この基本を押さえたら、一歩踏み込んだブラックフォーマル選びのスタートへ。

たとえばジャケットにパイピングのアクセントがついていたり、ボタンをリボンに変えられるもの、ボレロ風デザインも女性らしくてステキです。ワンピースではウエストラインにリボンのポイントがあるものや、襟元のレースが取り外しできるなんてものも。

マナーを守りながらの自分らしい1着探しが楽しめそうですね。

TISSE

image via Shutterstock

北本祐子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    自分らしいブラックフォーマルの選び方ポイント

    FBからも最新情報をお届けします。