1. Home
  2. STYLE
  3. ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

今年2016年は、国際連合食糧農業機関(FAO)が定めた「International Year of Pulses(国際豆類の年)」です。

豆類は、良質なたんぱく質を含むことで知られますが、じつはダイエットにも好影響を与えることが最近判明しました。

豆類はダイエット&リバウンド防止になる

先月末「American Journal of Clinical Nutrition」に発表されたトロントのセント・マイケルズ病院の分析によれば、対象となった940人が、6週間、普段通りの食事に1日約130gの豆類(そら豆、大豆、ひよこ豆、いんげん、レンズ豆など)を加えたところ、平均ひとり340gの体重減少が観察されたそうです。

体重の減りだけみるとそれほど大きくありませんが、注目したいのは、リバウンドを制御する効果もあること。

(その理由は、)豆類にたんぱく質が豊富であることと、糖分が低いこと。また、豆類を多く消費することで、動物性たんぱく質やトランス脂肪酸のような身体にあまり良くない成分の摂取が制限されるからではないかと考えられます。

(「Le Parisien」より翻訳引用)

また、同じ病院で行われた別の実験では、日常的に豆類(レンズ豆、ひよこ豆、大豆)を食することで、満腹感は31%も増え、悪玉コレステロールは5%減るという結果も出ています。

スパイシー料理にも合う豆類

いいことだらけに見える豆類ですが、実験を行ったRussell de Souza教授によれば、世界的に見れば、その消費量はまだまだ低いのだそうです。

箸休めにもなる和食の豆料理は、広く愛されていて、豆類摂取に関しては、日本は欧米より進んでいるように思えますが、和食以外の味つけも試してみると、さらにおいしく味わえるかもしれません。

たとえば、香辛料と合わせてスパイシーに仕立てたり、スープの具やサラダに加えたり。すりつぶしてペースト状にするなど応用も効きます。

おいしく味わえ、ダイエットにもいい豆類。さらに積極的に摂取して、太りにくい身体を手に入れたいものです。

Le Parisien,2016 International Year of Pulses

image via Shutterstock

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

    FBからも最新情報をお届けします。