1. Home
  2. STYLE
  3. ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

冠ゆき

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

今年2016年は、国際連合食糧農業機関(FAO)が定めた「International Year of Pulses(国際豆類の年)」です。

豆類は、良質なたんぱく質を含むことで知られますが、じつはダイエットにも好影響を与えることが最近判明しました。

豆類はダイエット&リバウンド防止になる

先月末「American Journal of Clinical Nutrition」に発表されたトロントのセント・マイケルズ病院の分析によれば、対象となった940人が、6週間、普段通りの食事に1日約130gの豆類(そら豆、大豆、ひよこ豆、いんげん、レンズ豆など)を加えたところ、平均ひとり340gの体重減少が観察されたそうです。

体重の減りだけみるとそれほど大きくありませんが、注目したいのは、リバウンドを制御する効果もあること。

(その理由は、)豆類にたんぱく質が豊富であることと、糖分が低いこと。また、豆類を多く消費することで、動物性たんぱく質やトランス脂肪酸のような身体にあまり良くない成分の摂取が制限されるからではないかと考えられます。

(「Le Parisien」より翻訳引用)

また、同じ病院で行われた別の実験では、日常的に豆類(レンズ豆、ひよこ豆、大豆)を食することで、満腹感は31%も増え、悪玉コレステロールは5%減るという結果も出ています。

スパイシー料理にも合う豆類

いいことだらけに見える豆類ですが、実験を行ったRussell de Souza教授によれば、世界的に見れば、その消費量はまだまだ低いのだそうです。

箸休めにもなる和食の豆料理は、広く愛されていて、豆類摂取に関しては、日本は欧米より進んでいるように思えますが、和食以外の味つけも試してみると、さらにおいしく味わえるかもしれません。

たとえば、香辛料と合わせてスパイシーに仕立てたり、スープの具やサラダに加えたり。すりつぶしてペースト状にするなど応用も効きます。

おいしく味わえ、ダイエットにもいい豆類。さらに積極的に摂取して、太りにくい身体を手に入れたいものです。

Le Parisien,2016 International Year of Pulses

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    3. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    4. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    5. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    8. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 自分に合うサプリメントの選び方。成分表示で見るべきポイントは?

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    3. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    4. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    5. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    6. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    7. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    8. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. この「きつね色」が糖化の正体!? 老けない体のつくり方

    1. 潰すとクサい! 咳やくしゃみで飛び出る「白い塊」の正体は?

    2. 「部屋着で寝ちゃう」人が今日からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    3. 糖質コントロールしやすい「大豆バー」こそ、おすすめのヘルシーおやつだった

    4. 勝手にやせていく体作り。つらさゼロで激やせできた理由

    5. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    6. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    7. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    8. スウェットで寝ていい? 専門家が教える「パジャマ選び」の5つのコツ

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. おしゃれすぎる「プロ用洗剤」がカビ、水垢、油汚れを簡単に落とす

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら