MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. STYLE
  3. ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

今年2016年は、国際連合食糧農業機関(FAO)が定めた「International Year of Pulses(国際豆類の年)」です。

豆類は、良質なたんぱく質を含むことで知られますが、じつはダイエットにも好影響を与えることが最近判明しました。

豆類はダイエット&リバウンド防止になる

先月末「American Journal of Clinical Nutrition」に発表されたトロントのセント・マイケルズ病院の分析によれば、対象となった940人が、6週間、普段通りの食事に1日約130gの豆類(そら豆、大豆、ひよこ豆、いんげん、レンズ豆など)を加えたところ、平均ひとり340gの体重減少が観察されたそうです。

体重の減りだけみるとそれほど大きくありませんが、注目したいのは、リバウンドを制御する効果もあること。

(その理由は、)豆類にたんぱく質が豊富であることと、糖分が低いこと。また、豆類を多く消費することで、動物性たんぱく質やトランス脂肪酸のような身体にあまり良くない成分の摂取が制限されるからではないかと考えられます。

(「Le Parisien」より翻訳引用)

また、同じ病院で行われた別の実験では、日常的に豆類(レンズ豆、ひよこ豆、大豆)を食することで、満腹感は31%も増え、悪玉コレステロールは5%減るという結果も出ています。

スパイシー料理にも合う豆類

いいことだらけに見える豆類ですが、実験を行ったRussell de Souza教授によれば、世界的に見れば、その消費量はまだまだ低いのだそうです。

箸休めにもなる和食の豆料理は、広く愛されていて、豆類摂取に関しては、日本は欧米より進んでいるように思えますが、和食以外の味つけも試してみると、さらにおいしく味わえるかもしれません。

たとえば、香辛料と合わせてスパイシーに仕立てたり、スープの具やサラダに加えたり。すりつぶしてペースト状にするなど応用も効きます。

おいしく味わえ、ダイエットにもいい豆類。さらに積極的に摂取して、太りにくい身体を手に入れたいものです。

Le Parisien,2016 International Year of Pulses

image via Shutterstock

Writing by冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    ダイエットのリバウンド防止にもなる豆の効果的な食べ方

    FBからも最新情報をお届けします。