1. Home
  2. EAT
  3. 食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

Photo by PIXTA

忙しい毎日に欠かせないのが常備菜です。たとえば、酸性にすることで防腐効果を促すピクルスは、おしゃれで作り置きもできて優秀なひと品。週末にたくさん作って冷凍保存ということも多々あるのですが、風味が飛んだり、パサパサしたりすることも。そこで、冷蔵保存でも長持ちする常備菜づくりのコツを「くらしにプラス」を参考におさらいしてみます。

01 空気にふれさせない

食材を長持ちさせるには、なにより菌やカビの繁殖を防ぐことが大切。菌やカビの多くは増殖するのに酸素が必要なので、空気にふれないようにオイル漬けにしたり、密封すれば長持ちします。

春恒例のタケノコの水煮しごとも、その1つと言えるかも。下茹でしてアクを抜いたら、空気にふれないよう水に漬け込みます。毎日水を入れ替えれば冷蔵庫で5日間ほど、メンマや土佐煮にすればさらに数日持ちます。市販の水煮よりも濃い風味がたまりません。

またキノコのガーリックオリーブオイル漬け(たっぷりの油で炒めてから漬け込む)も、長く保存でき、そのまま食べてもパスタなどにアレンジしてもおいしいのでおすすめです。

02 しっかり乾燥させる

花粉や黄砂のピークも過ぎ、日差しが強まると活躍するのが、キノコ類や根菜類の天日干しです。半日干した程度が使いやすいけれど、2日ほどかけてカラカラの状態にすることも。長期保存できて、ビタミンDも増えるそうです。とくに天日干ししたシイタケは旨みも増し、お味噌汁に入れると香りがふわっと広がります。

03 塩分や糖分を濃くする

さらに塩分や糖分の濃度を高くすることで、菌の繁殖を抑制するという方法も。たとえば梅雨明け恒例の梅干しづくりに代表される塩漬けや、味噌漬け、ジャムなどは長持ちしますよね。手軽に作れる常備菜としては、えのきだけを醤油とみりんで煮詰めたなめ茸も大活躍します。ごはんにのせるだけでも、水菜やニラで和えて副菜に、海苔や小ネギとあわせてパスタにしたり。レシピの幅も広がります。

これらのポイントを忘れずに、気軽な常備菜をササッと作っておけば、毎日の食卓やお弁当づくりがより楽しいものになりそうです。

[くらしにプラス]

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

    FBからも最新情報をお届けします。