1. Home
  2. EAT
  3. 食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

知恵子

食卓もお弁当も華やぐ、常備菜づくりのコツ3つ

Photo by PIXTA

忙しい毎日に欠かせないのが常備菜です。たとえば、酸性にすることで防腐効果を促すピクルスは、おしゃれで作り置きもできて優秀なひと品。週末にたくさん作って冷凍保存ということも多々あるのですが、風味が飛んだり、パサパサしたりすることも。そこで、冷蔵保存でも長持ちする常備菜づくりのコツを「くらしにプラス」を参考におさらいしてみます。

01 空気にふれさせない

食材を長持ちさせるには、なにより菌やカビの繁殖を防ぐことが大切。菌やカビの多くは増殖するのに酸素が必要なので、空気にふれないようにオイル漬けにしたり、密封すれば長持ちします。

春恒例のタケノコの水煮しごとも、その1つと言えるかも。下茹でしてアクを抜いたら、空気にふれないよう水に漬け込みます。毎日水を入れ替えれば冷蔵庫で5日間ほど、メンマや土佐煮にすればさらに数日持ちます。市販の水煮よりも濃い風味がたまりません。

またキノコのガーリックオリーブオイル漬け(たっぷりの油で炒めてから漬け込む)も、長く保存でき、そのまま食べてもパスタなどにアレンジしてもおいしいのでおすすめです。

02 しっかり乾燥させる

花粉や黄砂のピークも過ぎ、日差しが強まると活躍するのが、キノコ類や根菜類の天日干しです。半日干した程度が使いやすいけれど、2日ほどかけてカラカラの状態にすることも。長期保存できて、ビタミンDも増えるそうです。とくに天日干ししたシイタケは旨みも増し、お味噌汁に入れると香りがふわっと広がります。

03 塩分や糖分を濃くする

さらに塩分や糖分の濃度を高くすることで、菌の繁殖を抑制するという方法も。たとえば梅雨明け恒例の梅干しづくりに代表される塩漬けや、味噌漬け、ジャムなどは長持ちしますよね。手軽に作れる常備菜としては、えのきだけを醤油とみりんで煮詰めたなめ茸も大活躍します。ごはんにのせるだけでも、水菜やニラで和えて副菜に、海苔や小ネギとあわせてパスタにしたり。レシピの幅も広がります。

これらのポイントを忘れずに、気軽な常備菜をササッと作っておけば、毎日の食卓やお弁当づくりがより楽しいものになりそうです。

[くらしにプラス]

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら