1. Home
  2. MIND
  3. ゆっくり食事ができるカトラリーで、心と身体にやさしい生活はじめ

ゆっくり食事ができるカトラリーで、心と身体にやさしい生活はじめ

高田薫

ゆっくり食事ができるカトラリーで、心と身体にやさしい生活はじめ

新年度をむかえて、日常がちょっと慌しいというかたは多いのでは。そうでなくても、現代人は忙しく、ストレスが多いと言われています。たまには、ゆったりと時間を気にしないひとときを過してみませんか?

たとえば、ゆっくり食事をしてみること。空腹を満たすだけの食事ではなく、仲良しの友だちや家族といっしょに食卓を囲んで、おいしいものを食べる、それだけでも楽しく幸せな気分を味わえます。

また、ゆっくり食事をとることには次のようなメリットも。

・じっくり味わえるので、食事の満足感が高くなる

・ゆっくり食べることで満腹感を得やすくなり食べ過ぎることが少ない

・一緒に食事をしている仲間とのコミュニケーションもしっかり取れる

でも、普段から時間に追われて、早食いの習慣がついている人は、みんなと食事をしていてもつい早く食べ終えてしまうという人もいるでしょう。

そんな人は、ゆっくり時間をかけて食事を楽しめる「70%ゆっくりと食事を楽しむカトラリー」を試してみるのもいいかも。

07_780g.jpg

デザインを用いて、社会問題などに取り組んでいるオンカー・クラー・シンというイギリス人デザイナーがデザインした「70%ゆっくりと食事を楽しむカトラリー」。

これは、「Machine For Living / 現代人の抱える問題を解決するための道具」の中の作品のひとつです。

一見、普通のスプーンやフォーク、ナイフ。ですが、よく見るとどこかが欠けているのです。

02_780b.jpg

スプーンに穴があいていたり、フォークのギザギザが1本少なかったり、ナイフの先が欠けていたり。これによって、必然的に食事のスピードが30%落ちてしまうのだとか。これなら普段食事のスピードが速いかたでも、頑張らなくても食事がゆっくりできますね。

無理なく、楽しくゆっくりとした食事を楽しむことで、心にゆとりが生まれ、身体にもやさしい効果が表れてくるはず。

春、新しい生活の中に、ちょっとユニークなカトラリーを取り入れてみは?

トリコ インターナショナル

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?