1. Home
  2. EAT
  3. 心の声に耳を澄ます、ひとり旅にでよう

心の声に耳を澄ます、ひとり旅にでよう

心の声に耳を澄ます、ひとり旅にでよう

毎日平和なのになぜか心が満たされない。すごく不幸というわけでもないし、どちらかというと恵まれている環境にいるはずなのに心がモヤモヤする。

そんな気持ちを抱えてこころがさまよっている人は、自分の「本当の声」を押さえこんでしまっていることが原因かも。本当の声とは、自分の「心の声」です。自分に重点をおいた活動をしてみることで、心がクリアになってくることがあります。

普段は大人という社会の仮面を被って生活しているわたしたちにとって、心の声を素直に表現することはタブーなことも多いですよね。

心の声は除去できない

仮面をかぶったから、気にしないふりをしたからといってずっと大人しくしていてくれないのが心です。押さえこまれた心の声は、ゆううつ、モヤモヤ、怒り、悲しみなどの感情となって現れてきます。

「気づいてほしい」「ちゃんと表現させてほしい」そんな想いが積もっていくと、からだもバランスも崩れてしまいます。そして次第に何が原因でモヤモヤうつうつとしているのかがわからなくなっていきます。

心の声と繋がる方法

ヨガやメディテーション、セラピーなどを利用して心と繋がる方法はとても効果的です。でもそういうことが苦手で、ちょっと面倒だと感じている人もいるはず。そんなに人でも楽しみながら取り組める方法をご紹介します。

・アートの趣味をすること

アートには心の声を解放させる作用があります。美術館やギャラリーに絵を見にいくのも効果的ですが、自分で創作活動をしてみるとさらに高い効果が得られます。

心理学ではこれを「表現アート」といい、創作活動をすることで心の声と繋がり癒していく効果があることがわかっています。上手い下手はまったく関係ありません。絵を描くこと、歌を歌うこと、そして写真や陶芸などとにかく表現してみることで普段抑えてしまっている心の声に耳を澄ませてあげることができます。

・ひとり旅をすること

ときにはひとり旅をすることで、心の声と繋がることができます。大切なのは「心と繋がる旅にする! 」と決めて出かけること。これは、心に「繋がろうね! 」と声をかけてあげる行為。こころが弾むデザインの日記帳やスケッチブック、色鉛筆などをバッグに入れて、感じたことをマメにメモしたりスケッチしてみましょう。

「書く」または「描く」という行為はこころと繋がる最も効果的なツールのひとつです。なかなかひとり旅ができない状況にいる場合は、半日だけでもノートを持って出かけてみることで効果を感じることができるはず。

わたしたちの心は自分の本当の声を聞いてくれるチャンスをいつも待っています。

意識的に表現できる場をつくってあげることが大事です。「話してもいいよ! 」とサインを送ってあげることで心を解放されて癒していくことができます。

image via Shutterstock

二村桜子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン