1. Home
  2. STYLE
  3. 光と影。「黒」をコントロールしてみよう

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

02_洋館の令息寝室でこちらを眺めていたキュートな4つの瞳@横浜

夜道を向こうから歩いてくる人の顔をスマートフォンが照らしている。一瞬「ドキッ」とする私を置いて、その人は光る画面を眺めたまま去っていきます。

(あぁ、おばけかと思った。)ちょっとした光にも反応してしまうのは「暗い」「黒い」が闇を想像させるからでしょうか。

20160404_black_02.jpg
02_洋館の令息寝室でこちらを眺めていたキュートな4つの瞳@横浜

静物デッサンをするときに、白い円錐は影を足すことで浮かびあがってきたことを思い出します。

光があるから影があり、影があるから光があるように「白と黒」は対で存在しているんだな、と写真を撮り、見るなかで強く感じます。

20160404_black2.jpg

03_古跡の無線電信所、今は歴史映画の撮影地。透けた網戸から緑が覗く@台湾高雄

明るさは光だけでは伝わらず、黒だけで闇は表現できない。

それは、まるで禅問答か哲学を読み解くよう。

自分から相手に「こうやって受けとって欲しい! 」と真正面から言葉を発するだけではなく、真逆のキーワードでアプローチすることで伝わるときがあります。受け手の想像力を働かせるから、より印象に残りやすいのかもしれません。

20160404_black3.jpg

04_人で溢れるイメージがある錦市場、早朝は仕事に向かう人が小走りで通り抜ける@京都

上手に「黒」をコントロールして光多き生活を送りたいですね。

(写真・文/甲田智恵)

甲田智恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン