1. Home
  2. BODY
  3. 月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

2,118

MYLOHAS編集部

月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

何とも言えない体調不良が多くなったり、意味もなく心が不安定になったりと、30歳を過ぎたあたりから、このような「ゆらぎ」を感じることが多くなりました。

なかでも「PMS(月経前症候群)」に関する悩みや疑問はつきません。

そこで今回は、成城松村クリニック院長、婦人科医の松村圭子先生に、「PMS」への対処法を教えていただきました。

メンタル面での症状が増えている

「月経前症候群(PMS)は、生理前の心と体の不調の総称です。最近は多くの女性が悩んでいますね。なかでもメンタルの症状を抱えている人が増えています。20代のころはむくみとか便秘とか体の症状が多いのですが、30代になると仕事や家庭などのストレスが多くなるので、精神面が気になってくるのかもしれません」と松村先生。

マイロハスの読者アンケートでも、「イライラする」「落ち込みやすい」というメンタル面での回答が目立ちました。

それでは松村先生に、精神的PMSの具体的な対処法を教えてもらいましょう。

ストレスをため込まない

完璧主義だったり几帳面だったりなど、ストレスをため込むような思考をしがちな人は、メンタル的なPMSを感じやすい傾向にあるため、自分の好きなことや心地よいことを見つけてリラックスする。

ストイックになりすぎない

体にいいものを食べなくてはと、アレコレ制限しすぎない。食事はバランスよく食べることが重要。食事をきちんと摂ることで体が元気になり、おのずと心も元気になって精神的にも安定する。

ホルモンのせいだと認めてしまう

たとえば生理前にイライラしたり落ち込んだりすることを、自分のせいと思わずに「ホルモンのせい」と思う。そうすることで心が楽になる。自分を責めない。1か月のなかで、月経前は自分をゆるめる時期と考えるといい。

生活サイクルをホルモンに合わせる

生理前は人とぶつかりやすくなるのであれば、予定を入れずに家でのんびりする。生理前は仕事をちょっとセーブして、そのかわり生理後の調子がいい時期にしっかり働くなど、生活をホルモンに合わせて対応する。

記録をつける

基礎体温をつけたり、日記に体調やその日の気分を書き留めたりして記録をつけて、自分の体を把握しておく。生理周期やホルモンバランスの動きがわかるようになれば、体調や心の変化を事前に察知しやすくなる。

松村先生の「(イライラするのは)自分のせいじゃなくホルモンのせい」という言葉は、PMSが原因で家族や職場に迷惑をかけてしまう......と悩んでいる人に勇気を与えてくれます。

自己嫌悪に陥らず、「生理前は調子が悪いから無理せずすごそう」と考えることが大事なんですね。

次回は、読者アンケートで集まったPMSへの疑問を、松村先生にお答えいただきます。

お話を伺った方:成城松村クリニック院長・松村圭子先生

婦人科医。広島大学医学部卒業。広島大学付属病院などを経て現職。婦人科専門医として月経トラブル、更年期障害、婦人科検診などの治療とケアで女性の人生をサポートする診療を心がけている。テレビ、雑誌などのメディアでも活躍中。「女性ホルモンがつくる、キレイの秘密」(永岡書店)など著書多数。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた