MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. 月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

何とも言えない体調不良が多くなったり、意味もなく心が不安定になったりと、30歳を過ぎたあたりから、このような「ゆらぎ」を感じることが多くなりました。

なかでも「PMS(月経前症候群)」に関する悩みや疑問はつきません。

そこで今回は、成城松村クリニック院長、婦人科医の松村圭子先生に、「PMS」への対処法を教えていただきました。

メンタル面での症状が増えている

「月経前症候群(PMS)は、生理前の心と体の不調の総称です。最近は多くの女性が悩んでいますね。なかでもメンタルの症状を抱えている人が増えています。20代のころはむくみとか便秘とか体の症状が多いのですが、30代になると仕事や家庭などのストレスが多くなるので、精神面が気になってくるのかもしれません」と松村先生。

マイロハスの読者アンケートでも、「イライラする」「落ち込みやすい」というメンタル面での回答が目立ちました。

それでは松村先生に、精神的PMSの具体的な対処法を教えてもらいましょう。

ストレスをため込まない

完璧主義だったり几帳面だったりなど、ストレスをため込むような思考をしがちな人は、メンタル的なPMSを感じやすい傾向にあるため、自分の好きなことや心地よいことを見つけてリラックスする。

ストイックになりすぎない

体にいいものを食べなくてはと、アレコレ制限しすぎない。食事はバランスよく食べることが重要。食事をきちんと摂ることで体が元気になり、おのずと心も元気になって精神的にも安定する。

ホルモンのせいだと認めてしまう

たとえば生理前にイライラしたり落ち込んだりすることを、自分のせいと思わずに「ホルモンのせい」と思う。そうすることで心が楽になる。自分を責めない。1か月のなかで、月経前は自分をゆるめる時期と考えるといい。

生活サイクルをホルモンに合わせる

生理前は人とぶつかりやすくなるのであれば、予定を入れずに家でのんびりする。生理前は仕事をちょっとセーブして、そのかわり生理後の調子がいい時期にしっかり働くなど、生活をホルモンに合わせて対応する。

記録をつける

基礎体温をつけたり、日記に体調やその日の気分を書き留めたりして記録をつけて、自分の体を把握しておく。生理周期やホルモンバランスの動きがわかるようになれば、体調や心の変化を事前に察知しやすくなる。

松村先生の「(イライラするのは)自分のせいじゃなくホルモンのせい」という言葉は、PMSが原因で家族や職場に迷惑をかけてしまう......と悩んでいる人に勇気を与えてくれます。

自己嫌悪に陥らず、「生理前は調子が悪いから無理せずすごそう」と考えることが大事なんですね。

次回は、読者アンケートで集まったPMSへの疑問を、松村先生にお答えいただきます。

お話を伺った方:成城松村クリニック院長・松村圭子先生

婦人科医。広島大学医学部卒業。広島大学付属病院などを経て現職。婦人科専門医として月経トラブル、更年期障害、婦人科検診などの治療とケアで女性の人生をサポートする診療を心がけている。テレビ、雑誌などのメディアでも活躍中。「女性ホルモンがつくる、キレイの秘密」(永岡書店)など著書多数。

image via Shutterstock

Writing byMYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    月経前は自分をゆるめる。PMSのゆらぎメンタルケア

    FBからも最新情報をお届けします。