MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. STYLE
  3. しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

子どもたちの「ようちえんライフ」において、服、靴、ぼうし、かばんなどとにかく持ち物すべてが自由。縛りがほぼなく用意するものもあまりない、と言うお話をした前回。まだまだほかにも日本との違うところはいろいろとあります。

ファッションも休暇も楽しむ保育士

子ども達も自由なら、先生もかなり自由! ネイルや、タトゥ、ボディピアスなんて当たり前。移民の国なので、ドイツ語がネイティブではない先生もたくさんいます。休暇も連休でしっかりとり、みなさんバケーションをたのしんでいるもよう。

けれど、そういった先生たちの見た目やライフスタイルにとやかく言う人はいません。先生個人の風貌ではなく、教育者としての「仕事ぶり」をしっかり見ています。そう、仕事さえちゃんとしてくれていれば、あとのことは重要ではないのです。

ちなみに、先生が休暇をとるときは、別の先生やバイトさん、保育士としてジョブトレーニング中の学生さんなどがヘルプでやって来ます。日本の感覚だと、「え? ウチの子どものことよく知らない先生がみるなんてどうなの? 」となるかもしれませんね。

けれど、子どもたちは子どもたちでちゃんと「先生は休暇中」だということをわかっているようで、お迎えに行ったときなど、娘に「今日、先生いなかったの?」と聞くと、「先生は今週休暇なの。だから別の先生なの」と言います。この理解はおそらく、自分のパパママが勤め先でちゃんと休暇を取得しているのをふだんから見ているから。「休暇」という単語そのものと、それが意味するところを体感的に知っていて、慣れ親しんでいるのです。

保護者からすると、もちろん毎日同じ先生が休むことなく子どもをみてくれるほうが安心なのは言うまでもありません。でも、自分だって会社の有給休暇はしっかり消化するのに、幼稚園の先生はダメだとなぜ言えるでしょう? ドイツ人(ドイツ社会)の休暇文化に対する割り切りの良さには、見習うべきところがあるような気がします。

とことん向き合う保護者

さて、やはりドイツでも親が園に関心を持つことは大切。教育熱心で、園の行事や先生とも積極的に関わりを持とうとします。数か月に一度、Elternabend(保護者の集い)というのが催され、園と話し合いの機会が持たれるのですが、夕方18時ぐらいからの開始であっても仕事で来れない、という親はあまりおらず、出席率はかなり高め。

子どもはベビーシッターに預け、両親で参加、というのもめずらしくはありません。もうとにかくみんな熱心で質問、要求、苦情がかなり出て毎回3時間近くかかります。けれど大事な子どもが一日何時間も過ごす場所。それがすこしでも良くあるようにと願い、議論を重ねるのはごく当然。親としての義務でもあるような気がします。

ちなみにこうした話し合いの場では必ずと言っていいほどお茶やお菓子が出るのがドイツ。お互いがリラックスした雰囲気の中で話し合えるこの文化、とてもいいなあと思います。

image via Shutterstock

Writing by山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。