1. Home
  2. STYLE
  3. しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

子どもたちの「ようちえんライフ」において、服、靴、ぼうし、かばんなどとにかく持ち物すべてが自由。縛りがほぼなく用意するものもあまりない、と言うお話をした前回。まだまだほかにも日本との違うところはいろいろとあります。

ファッションも休暇も楽しむ保育士

子ども達も自由なら、先生もかなり自由! ネイルや、タトゥ、ボディピアスなんて当たり前。移民の国なので、ドイツ語がネイティブではない先生もたくさんいます。休暇も連休でしっかりとり、みなさんバケーションをたのしんでいるもよう。

けれど、そういった先生たちの見た目やライフスタイルにとやかく言う人はいません。先生個人の風貌ではなく、教育者としての「仕事ぶり」をしっかり見ています。そう、仕事さえちゃんとしてくれていれば、あとのことは重要ではないのです。

ちなみに、先生が休暇をとるときは、別の先生やバイトさん、保育士としてジョブトレーニング中の学生さんなどがヘルプでやって来ます。日本の感覚だと、「え? ウチの子どものことよく知らない先生がみるなんてどうなの? 」となるかもしれませんね。

けれど、子どもたちは子どもたちでちゃんと「先生は休暇中」だということをわかっているようで、お迎えに行ったときなど、娘に「今日、先生いなかったの?」と聞くと、「先生は今週休暇なの。だから別の先生なの」と言います。この理解はおそらく、自分のパパママが勤め先でちゃんと休暇を取得しているのをふだんから見ているから。「休暇」という単語そのものと、それが意味するところを体感的に知っていて、慣れ親しんでいるのです。

保護者からすると、もちろん毎日同じ先生が休むことなく子どもをみてくれるほうが安心なのは言うまでもありません。でも、自分だって会社の有給休暇はしっかり消化するのに、幼稚園の先生はダメだとなぜ言えるでしょう? ドイツ人(ドイツ社会)の休暇文化に対する割り切りの良さには、見習うべきところがあるような気がします。

とことん向き合う保護者

さて、やはりドイツでも親が園に関心を持つことは大切。教育熱心で、園の行事や先生とも積極的に関わりを持とうとします。数か月に一度、Elternabend(保護者の集い)というのが催され、園と話し合いの機会が持たれるのですが、夕方18時ぐらいからの開始であっても仕事で来れない、という親はあまりおらず、出席率はかなり高め。

子どもはベビーシッターに預け、両親で参加、というのもめずらしくはありません。もうとにかくみんな熱心で質問、要求、苦情がかなり出て毎回3時間近くかかります。けれど大事な子どもが一日何時間も過ごす場所。それがすこしでも良くあるようにと願い、議論を重ねるのはごく当然。親としての義務でもあるような気がします。

ちなみにこうした話し合いの場では必ずと言っていいほどお茶やお菓子が出るのがドイツ。お互いがリラックスした雰囲気の中で話し合えるこの文化、とてもいいなあと思います。

image via Shutterstock

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    2. 強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    5. 寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

    6. 水筒にスポーツドリンクは要注意! 食中毒になる可能性も

    7. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    8. 歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

    9. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    10. さらにクリーンに、さらに使いやすくなった「エコベール食器用洗剤」

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    5. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    6. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    7. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    8. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。