1. Home
  2. STYLE
  3. しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

子どもたちの「ようちえんライフ」において、服、靴、ぼうし、かばんなどとにかく持ち物すべてが自由。縛りがほぼなく用意するものもあまりない、と言うお話をした前回。まだまだほかにも日本との違うところはいろいろとあります。

ファッションも休暇も楽しむ保育士

子ども達も自由なら、先生もかなり自由! ネイルや、タトゥ、ボディピアスなんて当たり前。移民の国なので、ドイツ語がネイティブではない先生もたくさんいます。休暇も連休でしっかりとり、みなさんバケーションをたのしんでいるもよう。

けれど、そういった先生たちの見た目やライフスタイルにとやかく言う人はいません。先生個人の風貌ではなく、教育者としての「仕事ぶり」をしっかり見ています。そう、仕事さえちゃんとしてくれていれば、あとのことは重要ではないのです。

ちなみに、先生が休暇をとるときは、別の先生やバイトさん、保育士としてジョブトレーニング中の学生さんなどがヘルプでやって来ます。日本の感覚だと、「え? ウチの子どものことよく知らない先生がみるなんてどうなの? 」となるかもしれませんね。

けれど、子どもたちは子どもたちでちゃんと「先生は休暇中」だということをわかっているようで、お迎えに行ったときなど、娘に「今日、先生いなかったの?」と聞くと、「先生は今週休暇なの。だから別の先生なの」と言います。この理解はおそらく、自分のパパママが勤め先でちゃんと休暇を取得しているのをふだんから見ているから。「休暇」という単語そのものと、それが意味するところを体感的に知っていて、慣れ親しんでいるのです。

保護者からすると、もちろん毎日同じ先生が休むことなく子どもをみてくれるほうが安心なのは言うまでもありません。でも、自分だって会社の有給休暇はしっかり消化するのに、幼稚園の先生はダメだとなぜ言えるでしょう? ドイツ人(ドイツ社会)の休暇文化に対する割り切りの良さには、見習うべきところがあるような気がします。

とことん向き合う保護者

さて、やはりドイツでも親が園に関心を持つことは大切。教育熱心で、園の行事や先生とも積極的に関わりを持とうとします。数か月に一度、Elternabend(保護者の集い)というのが催され、園と話し合いの機会が持たれるのですが、夕方18時ぐらいからの開始であっても仕事で来れない、という親はあまりおらず、出席率はかなり高め。

子どもはベビーシッターに預け、両親で参加、というのもめずらしくはありません。もうとにかくみんな熱心で質問、要求、苦情がかなり出て毎回3時間近くかかります。けれど大事な子どもが一日何時間も過ごす場所。それがすこしでも良くあるようにと願い、議論を重ねるのはごく当然。親としての義務でもあるような気がします。

ちなみにこうした話し合いの場では必ずと言っていいほどお茶やお菓子が出るのがドイツ。お互いがリラックスした雰囲気の中で話し合えるこの文化、とてもいいなあと思います。

image via Shutterstock

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    3. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    4. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    5. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    6. 人生のどん底を経験した女性たち。どのようにして立ち直ったのか?

    7. 栄養学者が毎日摂っている12項目ってなに?

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. モデルKellyが実践する「キヌア」のトリセツ

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    8. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    9. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    10. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    10. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。