1. Home
  2. EAT
  3. 里帰り出産、単純に悲しくないの?【ドイツでママになる】

里帰り出産、単純に悲しくないの?【ドイツでママになる】

山中友希帆

里帰り出産、単純に悲しくないの?【ドイツでママになる】

妊娠が発覚しどこで産むかを考えるとき、日本では「いま暮らすところで産む」のか「里帰り出産」をするのか、からスタートする方も多いと思います。この「里帰り出産」という考え方、私の知る限りでは日本独特の文化のよう。ドイツ語には、里帰り出産に値する単語もなければ、そういった考え方もありません。

出産後は基本的にパートナーが支える

ドイツでは、親や周りに頼るではなく、子どもは「夫婦2人で」育てていくという考え方が根付いている気がします。だからこその社会的制度の充実や男性側の育児休暇の取りやすさ、助産師制度が充実しているのかもしれません。

あるドイツ人男性に日本の「里帰り出産」文化について話したとき、うまれたての赤ちゃんのかわいい瞬間を見られず、貴重な時間を共有できない疎外感を日本の男性たちはどう処理してるの? 単純に悲しくないの? と聞かれたことがあります。産後の体の回復などを考慮すると、どうしても女性側の立場で判断してしまいがちなところだけれど、男性側から見るとそうなのか! とハッとさせられた一言でした。

里帰りなし、夫婦でがんばる価値

私は外国暮らしのため、里帰り出産が難しいということは確かにあります。ただ、外国暮らしだとか、実家が遠いとか、そういうことをすべて差し引いたとしても、私個人としては、どうしても必要でないなら、里帰り出産はしなくてもいいのでは、と思っています。確かにいまの日本では、夫が仕事で忙殺されている、育児休暇なんて制度だけ、など現実的に夫だけにサポートを頼むのは難しいことも多いのでしょう。でも、シンプルに出産・育児を「共有したいか」という、まずは気持ちの問題なのかなとも。

今はネットスーパーもあれば、時短家電もあり、家事の外注だってできる時代。長い人生のうちの数か月、多少家の中が散らかっていたっていいし、おかずが一品少なくても構わない。ただそういう時期をパートナーと一緒に受けとめ、乗り越える経験も悪くないはず、と思うんです。

生活の変化を共有する意義

女性は、長い妊娠期間のなかで、日々変化する体型や、それにまつわるトラブル、出産そのものの大変さも経験します。一方、特にこれといった変化のない男性。そのうえ、里帰りをして新生児と関わる機会(それに、眠れない日が続く妻を見て知ること)が減ってしまっては、すぐに父親の自覚を持つことが難しいのは当たり前なのかもしれません。

お産の苦しみや神秘もできる限り一緒に経験し、そばにいる。そして、赤ちゃんが生まれたあとの生活の変化をきちんと共有する。それだけで、夫として妻をねぎらう愛情も、父親としての自覚も一段とでてくるのではないかな? 期待も込めて、そんなふうに思います。

160416_germanmama_top.jpg領事館(外務省)を通じて受け取ることができる在外邦人向けの母子手帳。先日たまたま用事で在ハンブルク日本領事館に行った際、お腹の大きな私を見て、職員さんが渡してくださいました。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第25回】しっかり働きバケーションも楽しむ保育士たち

【第24回】心地よさと個性を尊重するドイツ式ようちえんライフ

【第23回】3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ

【第22回】無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある

【第21回】ハンブルク市は、5時間分保育料がタダ

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?