1. Home
  2. STYLE
  3. 女性らしさを引き出す「美」習慣

女性らしさを引き出す「美」習慣

30代からのやさしい愛のはじめ方

女性らしさを引き出す「美」習慣

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

この時期になると「春眠暁を覚えず」という学生のころに習った言葉が思い出され心ひかれますが、忙しい現代女性にとっては、睡眠も身体のお手入れも、なかなか十分にはいかないようです。

ついつい後まわしにされてしまいがちな、大切な自分の身体のケア。じつは、潜在意識にある働きかけをすることで、身体への愛しさが増して、自然にいたわることができるようになります。

今回は、愛情をかけてケアすることで、輝くような"愛されボディ"を手に入れるための極意をお伝えしていきたいと思います。

●「いつもありがとう」とボディケアすることでより美しく

まず、私たちの肉体は自立神経やホルモンと密接につながっています。たとえば睡眠不足になれば肌荒れもしますし、日光に当たる時間が少なければセロトニンという脳内物質が出なくなり、ホルモンバランスが乱れ、肉体の不調が続く......という具合です。

そして、私たちが肉体をケアするときも、自分が心を込めてケアすることによって、その情報が潜在意識に伝わり、ホルモンを整える良い脳内物質が出て、ただお手入れをする以上の効果が得られるのです。

そこで大切なことが、「肉体に対する感謝の気持ち」です。面倒くさいなと思いながら肉体をケアしていても、ホルモンのバランスが整うばかりか、逆にイライラしてしまい、美が遠のいてしまいます。けれども、「私のためにいつもがんばってくれてありがとう」と心から感謝しながらケアしてあげることで、肉体は「愛されている」と感じ、ホルモンのバランスが整い、単にケアされる以上の美しさを育てることができるんですね。

肉体に触れるときは、「自分がどんな気持ちで肉体に触れているか」というマインドが、潜在意識にダイレクトに伝わります。

触れている以上に、潜在意識はいつでも情報を敏感に感じとっているのです。

●女性らしい柔らかい雰囲気のつくりかた

160318bodycare_3.jpg

また、「自分の肉体は自分だけのものじゃないんだ」と捉えてみることも効果的です。自分の肉体は自分のものというのはもちろん当然のことですから、つい「疲れているけど、このまま頑張ってしまおう」と、いつのまにか自分に無理をさせる習慣ができてしまうことがあります。

そんなときは、あなたを大切に想う男性から抱きしめられたり、あなた自身もあなたの手の温もりで男性に愛を伝えたり......そんな瞬間を思い浮かべてみましょう。

そして、「私の肉体は、私にとってだけではなく、愛してくれる男性にとっても大切な肉体なのだ」と愛されている自分自身を実感していくことで、より自分の肉体を大切に思う気持ちが育っていきます。

このように、身体は「肉体を通じて愛を伝えあう」ための大切なものなんですね。その上でマッサージや保湿ケアなどをしてあげると、ケアする心地よさもより潜在意識に響き、情緒も安定し、その愛によって女性らしい柔らかい雰囲気もつくられていくのです。

●「美人になろう」と意気込む前に、まずは「愛すること」

この2つのポイントに共通することが、「どんなマインドで自分に触れるか?」によって、同じケアでもまったく違うものへと変わってしまうということ。

肉体をおざなりにしていれば、無意識に「私の価値はこんなもの」と潜在意識に焼きついてしまいがちですが、「あなたは大切な存在、ありがとう」と接することで、ただのマッサージが自己価値をぐんと上げてくれるのです。

この春、いまよりも素敵なあなたになるために、これまでとは違うボディケアを取り入れてみてくださいね。

image via Shutterstock、photo by Thinkstock/Getty Images

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    女性らしさを引き出す「美」習慣

    FBからも最新情報をお届けします。