1. Home
  2. STYLE
  3. 女性らしさを引き出す「美」習慣

女性らしさを引き出す「美」習慣

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,564

斎藤芳乃

女性らしさを引き出す「美」習慣

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

この時期になると「春眠暁を覚えず」という学生のころに習った言葉が思い出され心ひかれますが、忙しい現代女性にとっては、睡眠も身体のお手入れも、なかなか十分にはいかないようです。

ついつい後まわしにされてしまいがちな、大切な自分の身体のケア。じつは、潜在意識にある働きかけをすることで、身体への愛しさが増して、自然にいたわることができるようになります。

今回は、愛情をかけてケアすることで、輝くような"愛されボディ"を手に入れるための極意をお伝えしていきたいと思います。

●「いつもありがとう」とボディケアすることでより美しく

まず、私たちの肉体は自立神経やホルモンと密接につながっています。たとえば睡眠不足になれば肌荒れもしますし、日光に当たる時間が少なければセロトニンという脳内物質が出なくなり、ホルモンバランスが乱れ、肉体の不調が続く......という具合です。

そして、私たちが肉体をケアするときも、自分が心を込めてケアすることによって、その情報が潜在意識に伝わり、ホルモンを整える良い脳内物質が出て、ただお手入れをする以上の効果が得られるのです。

そこで大切なことが、「肉体に対する感謝の気持ち」です。面倒くさいなと思いながら肉体をケアしていても、ホルモンのバランスが整うばかりか、逆にイライラしてしまい、美が遠のいてしまいます。けれども、「私のためにいつもがんばってくれてありがとう」と心から感謝しながらケアしてあげることで、肉体は「愛されている」と感じ、ホルモンのバランスが整い、単にケアされる以上の美しさを育てることができるんですね。

肉体に触れるときは、「自分がどんな気持ちで肉体に触れているか」というマインドが、潜在意識にダイレクトに伝わります。

触れている以上に、潜在意識はいつでも情報を敏感に感じとっているのです。

●女性らしい柔らかい雰囲気のつくりかた

160318bodycare_3.jpg

また、「自分の肉体は自分だけのものじゃないんだ」と捉えてみることも効果的です。自分の肉体は自分のものというのはもちろん当然のことですから、つい「疲れているけど、このまま頑張ってしまおう」と、いつのまにか自分に無理をさせる習慣ができてしまうことがあります。

そんなときは、あなたを大切に想う男性から抱きしめられたり、あなた自身もあなたの手の温もりで男性に愛を伝えたり......そんな瞬間を思い浮かべてみましょう。

そして、「私の肉体は、私にとってだけではなく、愛してくれる男性にとっても大切な肉体なのだ」と愛されている自分自身を実感していくことで、より自分の肉体を大切に思う気持ちが育っていきます。

このように、身体は「肉体を通じて愛を伝えあう」ための大切なものなんですね。その上でマッサージや保湿ケアなどをしてあげると、ケアする心地よさもより潜在意識に響き、情緒も安定し、その愛によって女性らしい柔らかい雰囲気もつくられていくのです。

●「美人になろう」と意気込む前に、まずは「愛すること」

この2つのポイントに共通することが、「どんなマインドで自分に触れるか?」によって、同じケアでもまったく違うものへと変わってしまうということ。

肉体をおざなりにしていれば、無意識に「私の価値はこんなもの」と潜在意識に焼きついてしまいがちですが、「あなたは大切な存在、ありがとう」と接することで、ただのマッサージが自己価値をぐんと上げてくれるのです。

この春、いまよりも素敵なあなたになるために、これまでとは違うボディケアを取り入れてみてくださいね。

image via Shutterstock、photo by Thinkstock/Getty Images

    Ranking

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    6. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    7. イライラしたら「実況中継」。ムダなケンカをなくすアンガーマネジメントのスキル

    8. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    6. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    7. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    8. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    10. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら